開業時の医療機器について

病院を開業する際には、医療に必要な機器を選定・調達しなければなりません。導入するべき機器などは、診療科目によって異なります。ただし診療科に関わらず、調達に必要となる費用は、大体1,500万円から2,500万円前後を見込んでおくと良いでしょう。

 

開業にはいろいろな費用が掛かってきます。そのため、少しでも機器の調達費用を抑えたいと思うでしょう。開業予算は限られていますから、その中でいかに、どのような医療機器を選定・導入するかがカギになってきます。

少しでも安くしたいからといって、医療機器メーカーの営業マンに対し選定した医療機器の値段を聞くことはやめましょう。医療機器を購入する場合、高コストのものを握らされてしまう可能性が高まります。

リースで調達することは

リースとは病院が必要とする医療機器を会社がメーカーから購入し、これを病院に一定期間賃貸する仕組みです。リースには期間がありますから、その期間が終了すれば契約の終了。期間を終えた後は、新しい医療機器や設備をリースすることができます。

 

ただしリースの場合、期間終了後に他の機器を購入するために費用が必要になります。再びリースで機器を選定する場合にも、これは同様です。なお、購入している場合なら古くなった機器を売却・譲渡できますが、リースでは不可能となります。

リースの場合、選定した機器を利用するために継続して代金を支払っていきます。しかし、機器の権利を獲得しているわけではありません。所有権がないため、期間終了後も引き続き使用する場合には、再リース料を支払わなければならないのです。

 

リースにするか購入にするかは経営を考えて判断しましょう。医療機器をすべて購入したが、その後の経営が苦しかったということにならないよう気を付けてください。また、どんなにその機器が使いにくかったり気に入らなかったりしても、中途解約することはできません。

開業医が把握すべきクリニックの工事費用

医師がMS法人を設立するメリット

医療法人化による節税のポイント

医療法人と個人開業の税務上の違い

高齢化で増加している病院の継承開業

歯科医院開業の資金調達

内科病院の開業資金とポイント

開業医が医療法人化するメリット

診療科目ごとの開業医の年収ランキング

医療法人の一種「財団医療法人」のメリット

医療法人の一種「社団医療法人」のメリット

個人病院と医療法人の違い

年齢からみる医師のキャリアと開業のタイミング

開業医のメリットとは?~勤務医と開業医の違い~

医院開業でまず重要になる物件選びのポイント

産婦人科病院の開業資金とポイント

整形外科病院の開業資金とポイント

眼科病院の開業資金とポイント

耳鼻咽喉科病院の開業資金とポイント

皮膚科病院の開業資金とポイント

小児科病院の開業資金とポイント

心療内科病院の開業資金とポイント

形成外科病院の開業資金とポイント

美容外科の開業資金とポイント

消化器内科の開業資金とポイント

脳神経外科の開業資金とポイント

泌尿器科の開業資金とポイント

循環器科の開業資金とポイント

歯科医院開業の開業資金とポイント

性病科の開業資金とポイント

放射線科の開業資金とポイント

精神科の開業資金とポイント

呼吸器科の開業資金とポイント

胃腸科の開業資金とポイント

ペインクリニックの開業資金とポイント

人工透析科の開業資金とポイント

リウマチ科の開業資金とポイント

病院開業前の内装設計について

病院開業前の広告宣伝について

開業後の病診連携について

開業前の行政への届出について

病院開業のための不動産契約の注意点

開業時のスタッフ募集に関して

開業後の集患対策について

開業時の医療機器の選定と調達について

分院を開業する際の注意ポイント

病院を移転して開業する際の注意ポイント

病院開業前の資金調達について

肛門科の開業資金とポイント

矯正歯科の開業資金とポイント

開業時の人材教育について

口腔外科の開業資金とポイント

小児歯科の開業資金とポイント

麻酔科の開業資金とポイント

病院開業前の看板の設置場所について

病院のロゴや病院名について

甲状腺専門病院の開業資金とポイント

病院を開業するに当たっての立地について

糖尿病内科の開業資金とポイント

人を愛する行政書士のブログはこちら
人を愛する行政書士のブログはこちら
facebookページはこちら
facebookページはこちら