病院開業前には業務スタッフ確保を

医師一人で病院におけるすべての業務をこなすことはできません。これは病院運営も同様です。業務をスムーズに行うためには、医師を支えてくれるスタッフが必要不可欠となるでしょう。

病院の規模によりますが、必要なスタッフは大体5~10人くらいだと考えられます。ある程度人数がいれば、例えば急に休む人が出たとしても、他の人で業務の代用が効くはず。病院運営に支障が出ることもありません。

 

そこで病院を開業する前に、スタッフの採用や確保を行いましょう。スタッフの雇用はすぐに決まることはありません。募集を始めて採用決定するまで、少なくとも6週間程度かかってしまいます。業務によって採用するスタッフも異なってきますから、早めに準備を行いましょう。

スタッフの採用が決まれば、その人材教育が待っています。開業直前に人材を採用してしまうと、人材教育が不十分なまま開業することに。そして人材教育が徹底されていないと、経営者の思いとは違った病院になってしまう可能性があるのです。そのため早めに人材を確保し、教育していくことが大切になります。

技術力だけではダメ

病院を開業する場合、高い経験と技術力のあるスタッフを採用しようと考えるかもしれません。しかし高い技術力がある人を雇えば、その病院の運営が軌道に乗りやすいわけではありません。

 

病院には多くの患者さんが訪れます。もちろん技術力・経験値が高いことは望ましいですが、優しさを持って接することができなければ、患者さんはすぐに病院から離れていってしまうでしょう。中には医師や看護師に対して不満はないものの、受付スタッフの愛想のなさに辟易してしまうという病院もあります。

医師や看護師、受付のスタッフに至るまで、不愛想な接客は厳禁。患者さんに対して愛情と優しさを持って接することが大切であり、この点についてはスタッフに教育が必要です。そうすれば病院に訪れた人が、口コミで「あの病院は良い」などと広めてくれます。

 

HPやチラシで病院をアピールすることは必要です。しかし患者さんの口コミで良い評判が広まれば、噂が噂を呼び、多くの患者さんが訪れるようになります。そうすれば、自然と経営も軌道に乗りやすいのです。

開業医が把握すべきクリニックの工事費用

医師がMS法人を設立するメリット

医療法人化による節税のポイント

医療法人と個人開業の税務上の違い

高齢化で増加している病院の継承開業

歯科医院開業の資金調達

内科病院の開業資金とポイント

開業医が医療法人化するメリット

診療科目ごとの開業医の年収ランキング

医療法人の一種「財団医療法人」のメリット

医療法人の一種「社団医療法人」のメリット

個人病院と医療法人の違い

年齢からみる医師のキャリアと開業のタイミング

開業医のメリットとは?~勤務医と開業医の違い~

医院開業でまず重要になる物件選びのポイント

産婦人科病院の開業資金とポイント

整形外科病院の開業資金とポイント

眼科病院の開業資金とポイント

耳鼻咽喉科病院の開業資金とポイント

皮膚科病院の開業資金とポイント

小児科病院の開業資金とポイント

心療内科病院の開業資金とポイント

形成外科病院の開業資金とポイント

美容外科の開業資金とポイント

消化器内科の開業資金とポイント

脳神経外科の開業資金とポイント

泌尿器科の開業資金とポイント

循環器科の開業資金とポイント

歯科医院開業の開業資金とポイント

性病科の開業資金とポイント

放射線科の開業資金とポイント

精神科の開業資金とポイント

呼吸器科の開業資金とポイント

胃腸科の開業資金とポイント

ペインクリニックの開業資金とポイント

人工透析科の開業資金とポイント

リウマチ科の開業資金とポイント

病院開業前の内装設計について

病院開業前の広告宣伝について

開業後の病診連携について

開業前の行政への届出について

病院開業のための不動産契約の注意点

開業時のスタッフ募集に関して

開業後の集患対策について

開業時の医療機器の選定と調達について

分院を開業する際の注意ポイント

病院を移転して開業する際の注意ポイント

病院開業前の資金調達について

肛門科の開業資金とポイント

矯正歯科の開業資金とポイント

開業時の人材教育について

口腔外科の開業資金とポイント

小児歯科の開業資金とポイント

麻酔科の開業資金とポイント

病院開業前の看板の設置場所について

病院のロゴや病院名について

甲状腺専門病院の開業資金とポイント

病院を開業するに当たっての立地について

糖尿病内科の開業資金とポイント

人を愛する行政書士のブログはこちら
人を愛する行政書士のブログはこちら
facebookページはこちら
facebookページはこちら