病院開業スタッフ求人選考について

病院の開業前には、スタッフを募集して求人選考します。優秀なスタッフを採用できるか否かによって、病院の評判は変わってくるもの。そのために、開業時にスタッフ募集するときには、簡単に決めずしっかりスタッフの人となりを見極めましょう。スタッフ選考には、細心の注意を払う必要があるのです。

 

優秀な人材が揃えば、その病院の運営も軌道に乗りやすくなります。逆にスタッフがあまり優秀でなければ、経営が悪化する場合もあるでしょう。ひとりのスタッフが医院に与える影響力は、想像以上に大きいのです。

そのため、スタッフを募集する際には、病院の経営者である院長が「どのような病院にしていきたいのか」というコンセプトを、しっかりと持っていることが重要です。それに合わせてどのような人材を求人し、選考していくかが決めていきましょう。

スタッフ募集採用について

病院の開業時にはスタッフが必要です。しかしスタッフ募集求人は、どの程度行えば良いのか悩むところでしょう。これは、採用すべき人数は、病院の規模によって変わってきます。しかし採用した人材が経験豊富であれば、一人で2人分くらいの働きが期待できるかもしれません。

 

近年は看護師不足が叫ばれています。病院開業するとき、スタッフとして看護師募集をかけても、なかなか人材が集まらないことがあるでしょう。看護師が不足しているわけですから、やはり待遇が良いところに多くの看護師が集まります。

また、子育てなどからフルタイムで働けないという看護師もいます、そのあめ、ある程度は余裕を持って採用した方が良いでしょう。

 

反対に、募集を出すとたくさん人が集まるのが受付スタッフです。医療事務の資格取得ブームがあったことにより、受付として働きたい人はたくさんいます。しかし、そのような人は経験がないので、即戦力としては疑問が残るでしょう。

ただし、経験が豊富だから良い人材とは限りません。たとえ医療機関での経験が乏しいものであっても、素直で人の言うことをきちんと聞ける人。あるいは柔軟性があるような人は、しっかり仕事を覚えようとします、また、指示されたことにしっかり応えようと努力を惜しまないので、そういう人は経験がなくても良い人材と言えるでしょう。

 

募集を開始してから採用決定まで、6ヶ月ほどはかかります。そのため、早めに人材確保に動き出しましょう。

開業医が把握すべきクリニックの工事費用

医師がMS法人を設立するメリット

医療法人化による節税のポイント

医療法人と個人開業の税務上の違い

高齢化で増加している病院の継承開業

歯科医院開業の資金調達

内科病院の開業資金とポイント

開業医が医療法人化するメリット

診療科目ごとの開業医の年収ランキング

医療法人の一種「財団医療法人」のメリット

医療法人の一種「社団医療法人」のメリット

個人病院と医療法人の違い

年齢からみる医師のキャリアと開業のタイミング

開業医のメリットとは?~勤務医と開業医の違い~

医院開業でまず重要になる物件選びのポイント

産婦人科病院の開業資金とポイント

整形外科病院の開業資金とポイント

眼科病院の開業資金とポイント

耳鼻咽喉科病院の開業資金とポイント

皮膚科病院の開業資金とポイント

小児科病院の開業資金とポイント

心療内科病院の開業資金とポイント

形成外科病院の開業資金とポイント

美容外科の開業資金とポイント

消化器内科の開業資金とポイント

脳神経外科の開業資金とポイント

泌尿器科の開業資金とポイント

循環器科の開業資金とポイント

歯科医院開業の開業資金とポイント

性病科の開業資金とポイント

放射線科の開業資金とポイント

精神科の開業資金とポイント

呼吸器科の開業資金とポイント

胃腸科の開業資金とポイント

ペインクリニックの開業資金とポイント

人工透析科の開業資金とポイント

リウマチ科の開業資金とポイント

病院開業前の内装設計について

病院開業前の広告宣伝について

開業後の病診連携について

開業前の行政への届出について

病院開業のための不動産契約の注意点

開業時のスタッフ募集に関して

開業後の集患対策について

開業時の医療機器の選定と調達について

分院を開業する際の注意ポイント

病院を移転して開業する際の注意ポイント

病院開業前の資金調達について

肛門科の開業資金とポイント

矯正歯科の開業資金とポイント

開業時の人材教育について

口腔外科の開業資金とポイント

小児歯科の開業資金とポイント

麻酔科の開業資金とポイント

病院開業前の看板の設置場所について

病院のロゴや病院名について

甲状腺専門病院の開業資金とポイント

病院を開業するに当たっての立地について

糖尿病内科の開業資金とポイント

人を愛する行政書士のブログはこちら
人を愛する行政書士のブログはこちら
facebookページはこちら
facebookページはこちら