開業後に他の病院との連携を図る病診連携が重要

開業後には、多くの患者さんが訪れてくるでしょう。しかし患者さんの状態によって、自分の医院で診ることができる人もいれば、難しい場合もあります。つまり自分の医院だけで、患者さんの回復を診ていくことができないケースも出てくるのです。

 

もちろん、なんとかして診ていく方法があるかもしれません。しかし、開業後に不十分な診察や治療を行ってしまい、もしも医療過誤が起きてしまえば、大変な事態に発展してしまいます。自分の病院での診療には限界がある。そういう患者さんに対しては、病診連携の協力が必要になってくるでしょう。

 

病診連携によって自分の医院で足りない部分を他の病院にサポートしてもらうことで、医療が円滑に進みます。それが患者さん第一の診療、そして治療協力を行うことにつながるのです。

病診連携を円滑に進めるためには、開業してから協力を図っておく必要があります。上手な病院連携は患者さんのためになりますから、結果的に自分の医院や連携している病院の評価アップにもつながるはずです。

病診連携だけでなく診診連携も大切です

近年、一人の患者さんの治療を、一つの医療機関だけで完結させることが難しくなってきています。また、いくつもの医療機関をまたいで受診している患者さんも少なくありません。

周囲の病院とコミュニケーションを図って協力関係を築いていれば、お互いに診療範囲を決めておくことができます。また、より高いサービスを患者さんに提供していけるようになるでしょう。

 

診診連携によって周囲の医院やクリニックと連携を図っていれば、各病院の得意とする分野などを把握できます。例えば自分の病院で手に合えないとき、いったいどの病院のどのドクターにお願いすれば患者さんのためになるのか。これを考えていくことができるのです。

また、自分が病気になったり、どうしても診療できない状態になったりした場合。診診連携を行っている病院から、医師が臨時で診療協力に来てくれることも考えられるのです。

開業医が把握すべきクリニックの工事費用

医師がMS法人を設立するメリット

医療法人化による節税のポイント

医療法人と個人開業の税務上の違い

高齢化で増加している病院の継承開業

歯科医院開業の資金調達

内科病院の開業資金とポイント

開業医が医療法人化するメリット

診療科目ごとの開業医の年収ランキング

医療法人の一種「財団医療法人」のメリット

医療法人の一種「社団医療法人」のメリット

個人病院と医療法人の違い

年齢からみる医師のキャリアと開業のタイミング

開業医のメリットとは?~勤務医と開業医の違い~

医院開業でまず重要になる物件選びのポイント

産婦人科病院の開業資金とポイント

整形外科病院の開業資金とポイント

眼科病院の開業資金とポイント

耳鼻咽喉科病院の開業資金とポイント

皮膚科病院の開業資金とポイント

小児科病院の開業資金とポイント

心療内科病院の開業資金とポイント

形成外科病院の開業資金とポイント

美容外科の開業資金とポイント

消化器内科の開業資金とポイント

脳神経外科の開業資金とポイント

泌尿器科の開業資金とポイント

循環器科の開業資金とポイント

歯科医院開業の開業資金とポイント

性病科の開業資金とポイント

放射線科の開業資金とポイント

精神科の開業資金とポイント

呼吸器科の開業資金とポイント

胃腸科の開業資金とポイント

ペインクリニックの開業資金とポイント

人工透析科の開業資金とポイント

リウマチ科の開業資金とポイント

病院開業前の内装設計について

病院開業前の広告宣伝について

開業後の病診連携について

開業前の行政への届出について

病院開業のための不動産契約の注意点

開業時のスタッフ募集に関して

開業後の集患対策について

開業時の医療機器の選定と調達について

分院を開業する際の注意ポイント

病院を移転して開業する際の注意ポイント

病院開業前の資金調達について

肛門科の開業資金とポイント

矯正歯科の開業資金とポイント

開業時の人材教育について

口腔外科の開業資金とポイント

小児歯科の開業資金とポイント

麻酔科の開業資金とポイント

病院開業前の看板の設置場所について

病院のロゴや病院名について

甲状腺専門病院の開業資金とポイント

病院を開業するに当たっての立地について

糖尿病内科の開業資金とポイント

人を愛する行政書士のブログはこちら
人を愛する行政書士のブログはこちら
facebookページはこちら
facebookページはこちら