開業医の年収は患者数によって大きく変わる

開業医の年収は、勤務医の年収と比較してかなり高いと言われています。

これには理由があり、やはり開業医の利益は差し引く経費が少ないからです。

経営学の基礎ですが、平たく言えば患者数から経費を差し引いて利益を求めることになります。

多くのスタッフを雇い器具も大きくて高級なものを使っている大きな病院では、その分差し引かれる経費も多くなります。

それに引き換え、開業医は雇っている人も少なければ比較的かかる経費も少ないので、差し引くと利益が大きくなり結果的に年収アップにつながります。

患者数でどのくらい利益が違うの?

開業医の年収は患者数で変わります。

基準でいえば、診療報酬ベースの利益になってきますので1日当たりの患者さんが支払う費用から経費を引いた金額は約5200円になります。

これが、1日あたり5人増えるだけで、1日の利益は26000円も増えることになります。

1か月では約57万円、年収なら717万円もアップします。

そのため、自分で開業する医院だからこそ、患者数を確保する努力をすることで、利益も上げられます。

患者数を増やし利益を出すには経営戦略が大事になってきます。

開業医は他の産業と比較して工夫次第で1日当たりにたくさんの患者さんを診察することが可能です。

そして、たくさんの患者さんと出会い、患者数を伸ばすには、信頼して通ってもらう必要があります。

そのためには自分の医療技術を磨くだけでなく、クリニックの経営に精通すべく経営学を学んだり、今求められているニーズを探ったりすることが必要です。

安定的に利益を出していて、年収も高いレベルが確保できる開業医は、経営戦略もしっかりしています。

そして、最近ではインターネットなどで調べて病院を探す患者さんも増えてきていますので、SEO対策を含めたインターネット上での情報提供をしっかりしている医療機関が伸びてきています。

たとえ小さなところでも、有益な治療をしてくれると思うからです。

開業医が把握すべきクリニックの工事費用

医師がMS法人を設立するメリット

医療法人化による節税のポイント

医療法人と個人開業の税務上の違い

高齢化で増加している病院の継承開業

歯科医院開業の資金調達

内科病院の開業資金とポイント

開業医が医療法人化するメリット

診療科目ごとの開業医の年収ランキング

医療法人の一種「財団医療法人」のメリット

医療法人の一種「社団医療法人」のメリット

個人病院と医療法人の違い

年齢からみる医師のキャリアと開業のタイミング

開業医のメリットとは?~勤務医と開業医の違い~

医院開業でまず重要になる物件選びのポイント

産婦人科病院の開業資金とポイント

整形外科病院の開業資金とポイント

眼科病院の開業資金とポイント

耳鼻咽喉科病院の開業資金とポイント

皮膚科病院の開業資金とポイント

小児科病院の開業資金とポイント

心療内科病院の開業資金とポイント

形成外科病院の開業資金とポイント

美容外科の開業資金とポイント

消化器内科の開業資金とポイント

脳神経外科の開業資金とポイント

泌尿器科の開業資金とポイント

循環器科の開業資金とポイント

歯科医院開業の開業資金とポイント

性病科の開業資金とポイント

放射線科の開業資金とポイント

精神科の開業資金とポイント

呼吸器科の開業資金とポイント

胃腸科の開業資金とポイント

ペインクリニックの開業資金とポイント

人工透析科の開業資金とポイント

リウマチ科の開業資金とポイント

病院開業前の内装設計について

病院開業前の広告宣伝について

開業後の病診連携について

開業前の行政への届出について

病院開業のための不動産契約の注意点

開業時のスタッフ募集に関して

開業後の集患対策について

開業時の医療機器の選定と調達について

分院を開業する際の注意ポイント

病院を移転して開業する際の注意ポイント

病院開業前の資金調達について

肛門科の開業資金とポイント

矯正歯科の開業資金とポイント

開業時の人材教育について

口腔外科の開業資金とポイント

小児歯科の開業資金とポイント

麻酔科の開業資金とポイント

病院開業前の看板の設置場所について

病院のロゴや病院名について

甲状腺専門病院の開業資金とポイント

病院を開業するに当たっての立地について

糖尿病内科の開業資金とポイント

開業医に必要な知識とモチベーション

開業場所が経営にどれほど重要か

治療院として成功するための戦略

返済の必要がない助成金を活用し、開業初期を乗り切りましょう

医局をでるタイミング、施設が一番求める人材とは

自宅開業医のメリットとは

開業することのメリット、勤務医との違いとは何か

赤字経営にならない開業医と対策

開業医に合う人、合わない人

開業医としての人生設計と借金返済

損益分岐点を越えるのに必要なこと、短期間で到達する方法

クリニック開業する際の内装費などはどのくらいかかる?

開業医のビジネスモデルは主に2つ!

地域貢献のために地方で開業したい

女性医師が開業するススメ

開業医で成功するかしないかの分かれ道

開業医の年収は患者数が5人増えるだけで変わる

治療院のリピート率は開業前に決まっている!?

開業したら新規患者に気を付けよう

クリニックを開業する際に注意したい松竹梅論

一人治療院は受付を雇おう

治療院における最良のマーケティングは患者教育

 

 

人を愛する行政書士のブログはこちら
人を愛する行政書士のブログはこちら
facebookページはこちら
facebookページはこちら