開業医になると現れる変化

勤務医として今まで活動をしていて、これから開業医になるという方もいらっしゃるでしょう。

開業するとなると、自ら経営を行っていくため経営のノウハウをある程度知っておく必要がありますが、上手くいけば年収に大きな変化が現れます。

勤務医として働いている場合、平均年収は1477万円という結果が出ています。

それと比較してみると、開業医の年収は勤務医の1.7倍とも言われているので、経営が軌道に乗れば、大幅に年収を上げることも可能です。

このため、開業医の年収に魅力を感じる人も多く居るのではないでしょうか?

しかし、そんな開業医は誰にでも向いている訳ではありません。

人には何事にも向き不向きがあるように、開業して活動していくのに合う人と合わない人が存在します。

開業医経営が合う人、合わない人

全ての人に当てはまる訳ではありませんが、医師という職業に就いている人は基本的に経営や数字などに苦手意識を持っている人が多い傾向にあります。

また、学生時代に商売要素の強い経験をしていない人が多いのであるようです。

開業するとなると集患もしなければなりませんし、ただ患者の診察をするだけではなく、経営も自分でしていかなければなりません。

勤務医時代は、勤務している病院のネームバリューによって患者は黙っていてもある程度は集まってくれます。

しかし、自分で開業するとなると、患者への態度などを気を付けていかなければ来院する患者数に大きな影響を与えてしまいます。

だからこそ、患者とのコミュニケーションが上手く取れる医師が開業医に合うと言えるでしょう。

経営を自ら行っていくことから、マネジメント感覚がある医師と、患者とのコミュニケーションが取れる医師が開業に合う人物だと言えます。

自分が開業に合う人物なのか、慎重に見極めてから病院の開業を検討していきましょう。

開業医が把握すべきクリニックの工事費用

医師がMS法人を設立するメリット

医療法人化による節税のポイント

医療法人と個人開業の税務上の違い

高齢化で増加している病院の継承開業

歯科医院開業の資金調達

内科病院の開業資金とポイント

開業医が医療法人化するメリット

診療科目ごとの開業医の年収ランキング

医療法人の一種「財団医療法人」のメリット

医療法人の一種「社団医療法人」のメリット

個人病院と医療法人の違い

年齢からみる医師のキャリアと開業のタイミング

開業医のメリットとは?~勤務医と開業医の違い~

医院開業でまず重要になる物件選びのポイント

産婦人科病院の開業資金とポイント

整形外科病院の開業資金とポイント

眼科病院の開業資金とポイント

耳鼻咽喉科病院の開業資金とポイント

皮膚科病院の開業資金とポイント

小児科病院の開業資金とポイント

心療内科病院の開業資金とポイント

形成外科病院の開業資金とポイント

美容外科の開業資金とポイント

消化器内科の開業資金とポイント

脳神経外科の開業資金とポイント

泌尿器科の開業資金とポイント

循環器科の開業資金とポイント

歯科医院開業の開業資金とポイント

性病科の開業資金とポイント

放射線科の開業資金とポイント

精神科の開業資金とポイント

呼吸器科の開業資金とポイント

胃腸科の開業資金とポイント

ペインクリニックの開業資金とポイント

人工透析科の開業資金とポイント

リウマチ科の開業資金とポイント

病院開業前の内装設計について

病院開業前の広告宣伝について

開業後の病診連携について

開業前の行政への届出について

病院開業のための不動産契約の注意点

開業時のスタッフ募集に関して

開業後の集患対策について

開業時の医療機器の選定と調達について

分院を開業する際の注意ポイント

病院を移転して開業する際の注意ポイント

病院開業前の資金調達について

肛門科の開業資金とポイント

矯正歯科の開業資金とポイント

開業時の人材教育について

口腔外科の開業資金とポイント

小児歯科の開業資金とポイント

麻酔科の開業資金とポイント

病院開業前の看板の設置場所について

病院のロゴや病院名について

甲状腺専門病院の開業資金とポイント

病院を開業するに当たっての立地について

糖尿病内科の開業資金とポイント

開業医に必要な知識とモチベーション

開業場所が経営にどれほど重要か

治療院として成功するための戦略

返済の必要がない助成金を活用し、開業初期を乗り切りましょう

医局をでるタイミング、施設が一番求める人材とは

自宅開業医のメリットとは

開業することのメリット、勤務医との違いとは何か

赤字経営にならない開業医と対策

開業医に合う人、合わない人

開業医としての人生設計と借金返済

損益分岐点を越えるのに必要なこと、短期間で到達する方法

 

人を愛する行政書士のブログはこちら
人を愛する行政書士のブログはこちら
facebookページはこちら
facebookページはこちら