病院開業について

病院を開業する場合、さまざまな書類を行政に届出なければなりません。まず病院を開業する前には、行政に「診療所開設届」の提出が必要。その際、自分の得意分野の診療科を掲げることになるでしょう。さらに診療科目や診療内容によって、いろんな届出が必要になってきます。

 

しかも提出・申請する書類が異なれば、行政の届出窓口もそれぞれ異なります。都道府県によって、手続き内容などまで異なることも。そのため、病院を開く前には、自分がどのような書類の届出屋申請が必要なのか、医院開業する地域の行政でどのような申請方法なのか、また必要な書類が何なのかについてしっかり確認しておきましょう。

届出先である窓口に問い合わせれば、必要な書類や記入方法、書類申請の締切日などを教えてもらえます。手続きでミスしないよう、事前に確認しておくことが大切です。

保健所への手続きを忘れないように

病院を開業後、診療時に患者さんが保険証を使えるようにするためには、保健所への届出が必要です。その届け出により、保健所から保険医療機関として指定を受けなければなりません。

指定を受けないと保険診療の取り扱いができないので、そのまま開業してしまうと、患者さんに診察代をすべて自由診療扱いで支払ってもらうことになります。その場合、費用はすべて自己負担を強いることになってしまうのです。そのため、保健所への届出が開業日に間に合わない場合、開業を遅らせる医師もいるほどです。

 

また、保健所への届出申請が遅れて開業に間に合わない場合、自己資金で患者さんの負担分を支払うことにした医師もいるようです。しかし実際のところ、指定が下りるまで、保険診療分を請求することはできないことになっています。そのため、開業直後から資金繰りに苦労してしまうケースもあるのです。

このような事態に陥らないためにも、必要な申請や手続きは早めに行っておきましょう。

開業医が把握すべきクリニックの工事費用

医師がMS法人を設立するメリット

医療法人化による節税のポイント

医療法人と個人開業の税務上の違い

高齢化で増加している病院の継承開業

歯科医院開業の資金調達

内科病院の開業資金とポイント

開業医が医療法人化するメリット

診療科目ごとの開業医の年収ランキング

医療法人の一種「財団医療法人」のメリット

医療法人の一種「社団医療法人」のメリット

個人病院と医療法人の違い

年齢からみる医師のキャリアと開業のタイミング

開業医のメリットとは?~勤務医と開業医の違い~

医院開業でまず重要になる物件選びのポイント

産婦人科病院の開業資金とポイント

整形外科病院の開業資金とポイント

眼科病院の開業資金とポイント

耳鼻咽喉科病院の開業資金とポイント

皮膚科病院の開業資金とポイント

小児科病院の開業資金とポイント

心療内科病院の開業資金とポイント

形成外科病院の開業資金とポイント

美容外科の開業資金とポイント

消化器内科の開業資金とポイント

脳神経外科の開業資金とポイント

泌尿器科の開業資金とポイント

循環器科の開業資金とポイント

歯科医院開業の開業資金とポイント

性病科の開業資金とポイント

放射線科の開業資金とポイント

精神科の開業資金とポイント

呼吸器科の開業資金とポイント

胃腸科の開業資金とポイント

ペインクリニックの開業資金とポイント

人工透析科の開業資金とポイント

リウマチ科の開業資金とポイント

病院開業前の内装設計について

病院開業前の広告宣伝について

開業後の病診連携について

開業前の行政への届出について

病院開業のための不動産契約の注意点

開業時のスタッフ募集に関して

開業後の集患対策について

開業時の医療機器の選定と調達について

分院を開業する際の注意ポイント

病院を移転して開業する際の注意ポイント

病院開業前の資金調達について

肛門科の開業資金とポイント

矯正歯科の開業資金とポイント

開業時の人材教育について

口腔外科の開業資金とポイント

小児歯科の開業資金とポイント

麻酔科の開業資金とポイント

病院開業前の看板の設置場所について

病院のロゴや病院名について

甲状腺専門病院の開業資金とポイント

病院を開業するに当たっての立地について

糖尿病内科の開業資金とポイント

人を愛する行政書士のブログはこちら
人を愛する行政書士のブログはこちら
facebookページはこちら
facebookページはこちら