最初は勤務医が一般的

学校を卒業し、医師としてのスタートを切れば一般的に病院の勤務医として知識や技術・経験を磨いていくというのがほとんどです。

しかし、ある程度医師としてのキャリアを積めば自分の医院を持ち開業医として活動をしていく方向にシフトチェンジをしていくという人も多くいまです。

勤務医をやめて、開業医として活動していくのであれば勤務医と開業医の違いを理解した上で計画を進めていくと良いでしょう。

では、開業医になることで得られるメリットをご紹介していきましょう。

開業するメリット

まず、大きな違いは開業した場合自分が経営者になるという点です。

勤務医であったころは病院側から給与をもらっていたことになりますが、開業した場合給与ではなく収入という形になって自分に入ってきます。

また、勤務医と開業医の給与と収入を比較してみると大きな差があり、開業医の方が勤務医の1.7倍とも言われており、非常に魅力的に感じるでしょう。

もちろん、給料・収入がすべてではありませんが、この給料・収入の違いは開業をする大きなメリットの1つになります。

また、勤務医の場合は病院のスタイルに合わせて診察を行っていかなければなりません。

ですから、ある程度自分自身の医師としての経験を積んでいけば、自分なりのスタイルで診察を行っていきたいという考えが生まれるかもしれません。

そんな時、開業医であれば自分のスタイルで診療をすることもできるので、そうしたい方には開業することをおすすめします。

このように開業医と勤務医には給与や、スタイルに大きな違いがあり、開業する側に魅力を感じるという人も多くいらっしゃるはずです。

そろそろ開業をしたい…とお考えの方はこれらのことを踏まえてこの先自分が医師としてどう活動をしていくかを決めていくと良いでしょう。

開業医が把握すべきクリニックの工事費用

医師がMS法人を設立するメリット

医療法人化による節税のポイント

医療法人と個人開業の税務上の違い

高齢化で増加している病院の継承開業

歯科医院開業の資金調達

内科病院の開業資金とポイント

開業医が医療法人化するメリット

診療科目ごとの開業医の年収ランキング

医療法人の一種「財団医療法人」のメリット

医療法人の一種「社団医療法人」のメリット

個人病院と医療法人の違い

年齢からみる医師のキャリアと開業のタイミング

開業医のメリットとは?~勤務医と開業医の違い~

医院開業でまず重要になる物件選びのポイント

産婦人科病院の開業資金とポイント

整形外科病院の開業資金とポイント

眼科病院の開業資金とポイント

耳鼻咽喉科病院の開業資金とポイント

皮膚科病院の開業資金とポイント

小児科病院の開業資金とポイント

心療内科病院の開業資金とポイント

形成外科病院の開業資金とポイント

美容外科の開業資金とポイント

消化器内科の開業資金とポイント

脳神経外科の開業資金とポイント

泌尿器科の開業資金とポイント

循環器科の開業資金とポイント

歯科医院開業の開業資金とポイント

性病科の開業資金とポイント

放射線科の開業資金とポイント

精神科の開業資金とポイント

呼吸器科の開業資金とポイント

胃腸科の開業資金とポイント

ペインクリニックの開業資金とポイント

人工透析科の開業資金とポイント

リウマチ科の開業資金とポイント

病院開業前の内装設計について

病院開業前の広告宣伝について

開業後の病診連携について

開業前の行政への届出について

病院開業のための不動産契約の注意点

開業時のスタッフ募集に関して

開業後の集患対策について

開業時の医療機器の選定と調達について

分院を開業する際の注意ポイント

病院を移転して開業する際の注意ポイント

病院開業前の資金調達について

肛門科の開業資金とポイント

矯正歯科の開業資金とポイント

開業時の人材教育について

口腔外科の開業資金とポイント

小児歯科の開業資金とポイント

麻酔科の開業資金とポイント

病院開業前の看板の設置場所について

病院のロゴや病院名について

甲状腺専門病院の開業資金とポイント

病院を開業するに当たっての立地について

糖尿病内科の開業資金とポイント

開業医に必要な知識とモチベーション

開業場所が経営にどれほど重要か

治療院として成功するための戦略

返済の必要がない助成金を活用し、開業初期を乗り切りましょう

医局をでるタイミング、施設が一番求める人材とは

自宅開業医のメリットとは

開業することのメリット、勤務医との違いとは何か

赤字経営にならない開業医と対策

開業医に合う人、合わない人

開業医としての人生設計と借金返済

損益分岐点を越えるのに必要なこと、短期間で到達する方法

 

人を愛する行政書士のブログはこちら
人を愛する行政書士のブログはこちら
facebookページはこちら
facebookページはこちら