多額の費用がかかる開業

ある程度医師としての経験を積んでから、自分で医療法人を設立して病院を持とうと検討している方も居るでしょう。

自分の病院を開業することはそれだけ最初にお金がかかることになります。

だからこそ、自分で病院を経営するのであれば資金の面をどうにかしていかなければなりません。

お金が回らなくなれば、開業し自分の病院で医師として治療を続けていくことはできません。

自分の病院を持つ前に、自己資金の確保やどれだけ資金調達ができるのかという点も明確にしておく必要があるでしょう。

そして、病院を開業する人に知っておいて欲しいものがあります。

それは助成金や補助金です。

条件に当てはまればそれらの制度を利用することができるので、より経営を楽にすることも可能になります。

助成金や補助金の制度

助成金や補助金は、受給できる条件にさえ当てはまれば利用することができる上に、返済の必要などもありません。

そのため、経営を始めた当初の資金繰りに大きな影響を与えます。

まず、助成金や補助金の受給が可能になる条件としては、法人設立前に公共職業安定所に「法人等設立事前届」を提出した人が、法人設立前日の段階で雇用保険の受給資格の支給残日数が1日以上残っていることなどが挙げられます。

他にも、創業受給資格者自体は当該法人の業務に従事していることや、創業受給資格者が出資し代表者であること、法人を設立してから3ヶ月以上事業を行っていることなども助成金や補助金を利用する条件になります。

助成金の支給上限額は150万円で、創業後3ヶ月以内に発生し支払った経費の3分の1の額を受給することができます。

この助成金や補助金の制度は、担当する公共機関に申請などをする必要もありますし、期間に制限があるので、開業する前に知っておいた方が得をします。

この制度を資金繰りに役立てて経営の負担を減らしていきましょう。

開業医が把握すべきクリニックの工事費用

医師がMS法人を設立するメリット

医療法人化による節税のポイント

医療法人と個人開業の税務上の違い

高齢化で増加している病院の継承開業

歯科医院開業の資金調達

内科病院の開業資金とポイント

開業医が医療法人化するメリット

診療科目ごとの開業医の年収ランキング

医療法人の一種「財団医療法人」のメリット

医療法人の一種「社団医療法人」のメリット

個人病院と医療法人の違い

年齢からみる医師のキャリアと開業のタイミング

開業医のメリットとは?~勤務医と開業医の違い~

医院開業でまず重要になる物件選びのポイント

産婦人科病院の開業資金とポイント

整形外科病院の開業資金とポイント

眼科病院の開業資金とポイント

耳鼻咽喉科病院の開業資金とポイント

皮膚科病院の開業資金とポイント

小児科病院の開業資金とポイント

心療内科病院の開業資金とポイント

形成外科病院の開業資金とポイント

美容外科の開業資金とポイント

消化器内科の開業資金とポイント

脳神経外科の開業資金とポイント

泌尿器科の開業資金とポイント

循環器科の開業資金とポイント

歯科医院開業の開業資金とポイント

性病科の開業資金とポイント

放射線科の開業資金とポイント

精神科の開業資金とポイント

呼吸器科の開業資金とポイント

胃腸科の開業資金とポイント

ペインクリニックの開業資金とポイント

人工透析科の開業資金とポイント

リウマチ科の開業資金とポイント

病院開業前の内装設計について

病院開業前の広告宣伝について

開業後の病診連携について

開業前の行政への届出について

病院開業のための不動産契約の注意点

開業時のスタッフ募集に関して

開業後の集患対策について

開業時の医療機器の選定と調達について

分院を開業する際の注意ポイント

病院を移転して開業する際の注意ポイント

病院開業前の資金調達について

肛門科の開業資金とポイント

矯正歯科の開業資金とポイント

開業時の人材教育について

口腔外科の開業資金とポイント

小児歯科の開業資金とポイント

麻酔科の開業資金とポイント

病院開業前の看板の設置場所について

病院のロゴや病院名について

甲状腺専門病院の開業資金とポイント

病院を開業するに当たっての立地について

糖尿病内科の開業資金とポイント

開業医に必要な知識とモチベーション

開業場所が経営にどれほど重要か

治療院として成功するための戦略

返済の必要がない助成金を活用し、開業初期を乗り切りましょう

医局をでるタイミング、施設が一番求める人材とは

自宅開業医のメリットとは

開業することのメリット、勤務医との違いとは何か

赤字経営にならない開業医と対策

開業医に合う人、合わない人

開業医としての人生設計と借金返済

損益分岐点を越えるのに必要なこと、短期間で到達する方法

 

人を愛する行政書士のブログはこちら
人を愛する行政書士のブログはこちら
facebookページはこちら
facebookページはこちら