病院経営は赤字が多い?

医者と言えば、稼げるイメージを持っている人も多いはずです。

しかし、よく調べてみると経営で赤字を出している病院というのは非常に多いです。

赤字経営となっているのは、全体の3割から4割とも言われているため、これから開業医として活動をしていこうと考えている人にとって、赤字は時分には関係ない問題ではありません。

開業医として自分の病院を開いていこうと考えているならば、なぜ赤字経営になってしまうのか原因を知ってそうならないようにしていかなければなりません。

まずは、病院で働くスタッフが短期間で変わっていると、それが患者に伝わりますしスタッフ間での連携も上手く取ることができません。

また、人材の教育などが上手く出来ていないと患者へ悪い印象を与えて患者離れにもつながり、それが赤字に繋がるというケースもあります。

人材の問題だけで全ての病院が赤字になっているわけではありませんが、病院経営に大きな影響を与え、時には赤字を引き起こす原因になってしまうことを理解しておきましょう。

赤字にならないための対策は?

では、これから開業医として自分の病院を持つ人は、赤字を出さないためにも対策を採っていく必要があります。

まず、開業医の赤字経営対策として挙げられるのが、節税対策などをしっかりと行い固定費を出来るだけ抑える努力をする点です。

節税対策には、税金の専門家である税理士などの力を借りることも大切です。

それに加えて、患者に来院してもらうための対策も採っていきましょう。

経営がいい方向に進んでからはスタッフを増やしたり、新しくて質の高い設備などを導入することも大切です。

これから開業医に転身する方は、赤字経営を引き起こさないようにご紹介した内容を参考に努力していきましょう。

しっかりした設備と十分な人材の確保をすることで、患者にも適切な治療を提供することができ、それが集患にも繋がっていきます。

開業医が把握すべきクリニックの工事費用

医師がMS法人を設立するメリット

医療法人化による節税のポイント

医療法人と個人開業の税務上の違い

高齢化で増加している病院の継承開業

歯科医院開業の資金調達

内科病院の開業資金とポイント

開業医が医療法人化するメリット

診療科目ごとの開業医の年収ランキング

医療法人の一種「財団医療法人」のメリット

医療法人の一種「社団医療法人」のメリット

個人病院と医療法人の違い

年齢からみる医師のキャリアと開業のタイミング

開業医のメリットとは?~勤務医と開業医の違い~

医院開業でまず重要になる物件選びのポイント

産婦人科病院の開業資金とポイント

整形外科病院の開業資金とポイント

眼科病院の開業資金とポイント

耳鼻咽喉科病院の開業資金とポイント

皮膚科病院の開業資金とポイント

小児科病院の開業資金とポイント

心療内科病院の開業資金とポイント

形成外科病院の開業資金とポイント

美容外科の開業資金とポイント

消化器内科の開業資金とポイント

脳神経外科の開業資金とポイント

泌尿器科の開業資金とポイント

循環器科の開業資金とポイント

歯科医院開業の開業資金とポイント

性病科の開業資金とポイント

放射線科の開業資金とポイント

精神科の開業資金とポイント

呼吸器科の開業資金とポイント

胃腸科の開業資金とポイント

ペインクリニックの開業資金とポイント

人工透析科の開業資金とポイント

リウマチ科の開業資金とポイント

病院開業前の内装設計について

病院開業前の広告宣伝について

開業後の病診連携について

開業前の行政への届出について

病院開業のための不動産契約の注意点

開業時のスタッフ募集に関して

開業後の集患対策について

開業時の医療機器の選定と調達について

分院を開業する際の注意ポイント

病院を移転して開業する際の注意ポイント

病院開業前の資金調達について

肛門科の開業資金とポイント

矯正歯科の開業資金とポイント

開業時の人材教育について

口腔外科の開業資金とポイント

小児歯科の開業資金とポイント

麻酔科の開業資金とポイント

病院開業前の看板の設置場所について

病院のロゴや病院名について

甲状腺専門病院の開業資金とポイント

病院を開業するに当たっての立地について

糖尿病内科の開業資金とポイント

開業医に必要な知識とモチベーション

開業場所が経営にどれほど重要か

治療院として成功するための戦略

返済の必要がない助成金を活用し、開業初期を乗り切りましょう

医局をでるタイミング、施設が一番求める人材とは

自宅開業医のメリットとは

開業することのメリット、勤務医との違いとは何か

赤字経営にならない開業医と対策

開業医に合う人、合わない人

開業医としての人生設計と借金返済

損益分岐点を越えるのに必要なこと、短期間で到達する方法

 

人を愛する行政書士のブログはこちら
人を愛する行政書士のブログはこちら
facebookページはこちら
facebookページはこちら