開業医で年収が高い診療科目は?

開業医とは、個人で開業している医師を指します。

個人の裁量で営まれているだけに、来院する患者の数次第では高い年収が期待できます。

事実、医師という職業は年収ランキングでも例年上位にランクインしていますが、開業医でも診療科目はさまざまなので、科目によっても稼ぎは異なってきます。

どのような診療科目がより高年収を期待できるか、ランキング形式でご紹介していきましょう。

まず第1位は、眼科です。

近年は携帯端末の発達に伴い、眼疾患の患者数が増えていることも理由の一つで、平均年収は約3,270万円と大きな安定が期待できる額となっています。

第2位は耳鼻科で、平均年収約3,000万円です。

大掛かりな手術が少なく、患者一人当たりの診療費はそこまで高くないものの、症状の流行に伴って患者数が増えると、かなりの利益が見込めます。

また一般的な内科などより、比較的専門知識を要することもその理由です。

続いて、同率2位にランキングした診療科目として産婦人科が挙げられ、平均年収は3,000万円です。

手術や入院などで診療費が高額になるケースが多く、患者一人あたりの単価が魅力です。

また病院の数自体が少ないので、広いエリアで重宝されることも理由の一つです。

以下、4位に2,900万円の小児科、五位2,880万円の整形外科、六位2,770万円の皮膚科といった順でランクインしています。

開業医として高年収を目指すには

上記に紹介した各年収は、あくまで平均なので、来院する患者の数次第でさらなる高額も目指せます。

事実、開業医の中には年に1億円以上を稼ぎ出す医師も存在するので、目標を高く設定することも可能です。

そのように突出した高年収を実現している医師の傾向としては、保険診療でなく保険適用外の自由診療を行っている開業医が多い点が挙げられます。

自由診療は保険診療と異なり制約が少ないため、さまざまなマーケティングが可能で、患者が全額負担するため、患者一人当たりの診療費が高くなります。

美容外科や美容皮膚科、アンチエイジング、レーシックといった診療科目がその代表例です。

医師として大きな成功を目指すなら、こういった診療科目に着目してみても良いでしょう。

人を愛する行政書士のブログはこちら
人を愛する行政書士のブログはこちら
facebookページはこちら
facebookページはこちら