精神科の開業は簡単?

精神科を開業している医師は少なくありません。

近年では精神疾患で精神科を受診する患者さんも多く、また、精神科を開業するにあたっては、医療機器が他の診療科を比べると少ないので、その分の開業資金もかからないので、開業は難しくないといえます。

ただし、精神科の診療報酬が引き下げ傾向にあり、今後それが跳ね上がるということは考えにくいでしょう。

そのため、安定した経営のためには対策が必要です。

また、精神疾患は多様化してきているので、若い年代から高齢にいたるまで、患者さんに適した治療を行ううえで、キャリアを積んでいかなくてはいけません。

精神科に通院するのは、精神疾患を患っているということを周囲に知られたくない、という要望もあります。

そのため、開業する際には、患者さんのプライバシーを守るという対策も必要です。

 

経営を安定させるには対策をじっくり検討

診療報酬が引き下げ傾向にある精神科は、開業後も患者さんが来なければ、経営を続けていくことが困難になります。

対策として開業資金については、立地をはじめ、業前にじっくりと検討しておかなければなりません。

最初からあまり資金をかけられないことを考えると、立地についても対策が必要です。

また、精神疾患を扱うので、患者さんにとってはプライバシーが守られる立地であることも重要だといえます。

対策としては、駅前など人通りの多い立地は避け、二階から上のテナントがいいでしょう。

また、同業者が近くにいない方がいいので、立地に関しては徹底した事前調査が必要です。

開業後は、患者さんが安心して診察が受けられる雰囲気づくりや、信頼を得ることがポイントとなってきます。

精神疾患を扱うので、細やかな配慮をして患者さんを不安にさせない内装、診察室づくりをしましょう。

口コミや評判をインターネットで調べる患者さんは多いので、安心感を与えるサイトづくりにも力を入れることが大切です。

 

開業医が把握すべきクリニックの工事費用

医師がMS法人を設立するメリット

医療法人化による節税のポイント

医療法人と個人開業の税務上の違い

高齢化で増加している病院の継承開業

歯科医院開業の資金調達

内科病院の開業資金とポイント

開業医が医療法人化するメリット

診療科目ごとの開業医の年収ランキング

医療法人の一種「財団医療法人」のメリット

医療法人の一種「社団医療法人」のメリット

個人病院と医療法人の違い

年齢からみる医師のキャリアと開業のタイミング

開業医のメリットとは?~勤務医と開業医の違い~

医院開業でまず重要になる物件選びのポイント

産婦人科病院の開業資金とポイント

整形外科病院の開業資金とポイント

眼科病院の開業資金とポイント

耳鼻咽喉科病院の開業資金とポイント

皮膚科病院の開業資金とポイント

小児科病院の開業資金とポイント

心療内科病院の開業資金とポイント

形成外科病院の開業資金とポイント

美容外科の開業資金とポイント

消化器内科の開業資金とポイント

脳神経外科の開業資金とポイント

泌尿器科の開業資金とポイント

循環器科の開業資金とポイント

歯科医院開業の開業資金とポイント

性病科の開業資金とポイント

放射線科の開業資金とポイント

精神科の開業資金とポイント

呼吸器科の開業資金とポイント

胃腸科の開業資金とポイント

ペインクリニックの開業資金とポイント

人工透析科の開業資金とポイント

リウマチ科の開業資金とポイント

人を愛する行政書士のブログはこちら
人を愛する行政書士のブログはこちら
facebookページはこちら
facebookページはこちら