矯正歯科の開業準備でのポイント

矯正歯科を開業する前にはいろんな準備が必要。その一つがスタッフの確保です。

矯正歯科は矯正を中心に行っている歯科ですから、その矯正に必要なスタッフを確保しなければなりません。矯正に必要な道具を作ってくれる歯科技工士など、専門資格を持つ人材が必要不可欠です。

 

さらに、矯正歯科に必要な道具の準備も怠ってはいけません。普通の歯科医院では使わないような道具も、矯正歯科では必要となることがあります。開業の準備段階では、普通の歯科に必要な道具とともに、矯正で使うさまざま器具を準備しなければならないのです。そのため歯科医院に比べると、矯正歯科は開業資金が多くかかります。

開業の資金について

矯正歯科を開業する場合、どの程度の資金を準備しなければならないのでしょうか?また、どの程度の資金がかかってくるか、あらかじめ理解しておきましょう。

 

開業資金には、設備投資にかかるお金と運転資金があります。医院の内装や外装、医療機器等の設備にかかる費用は3000万円以上と言われています。ただし最近は、矯正歯科でもエステサロンのようにきれいで清潔感あふれるところが登場してきました。そのような優雅な病院にするのであればもっと費用は掛かってくるでしょう。グレードの高い医療機器を導入したいという場合も、やはり費用は多く必要になってきます。

 

開業時には、HPが大きな力を発揮してくれるでしょう。近年、HPを検索して病院を探す人が増えてきています。また、HPではいろいろな情報を詳細に記載できるので、病院を大いに盛り上げてくれるツールなのです。このHPを用意する場合、開業前に制作費用も必要になることを頭に中に入れておいてください。

 

さらに開業後、すぐに患者さんが押し寄せることはほとんどないでしょう。また診療報酬は、診療後にすぐ入るものではありません。経営が軌道に乗るまでには数か月単位でかかると言われています。それまでの運転資金を十分に準備できれいれば、資金面で不安が少ないでしょう。

開業医が把握すべきクリニックの工事費用

医師がMS法人を設立するメリット

医療法人化による節税のポイント

医療法人と個人開業の税務上の違い

高齢化で増加している病院の継承開業

歯科医院開業の資金調達

内科病院の開業資金とポイント

開業医が医療法人化するメリット

診療科目ごとの開業医の年収ランキング

医療法人の一種「財団医療法人」のメリット

医療法人の一種「社団医療法人」のメリット

個人病院と医療法人の違い

年齢からみる医師のキャリアと開業のタイミング

開業医のメリットとは?~勤務医と開業医の違い~

医院開業でまず重要になる物件選びのポイント

産婦人科病院の開業資金とポイント

整形外科病院の開業資金とポイント

眼科病院の開業資金とポイント

耳鼻咽喉科病院の開業資金とポイント

皮膚科病院の開業資金とポイント

小児科病院の開業資金とポイント

心療内科病院の開業資金とポイント

形成外科病院の開業資金とポイント

美容外科の開業資金とポイント

消化器内科の開業資金とポイント

脳神経外科の開業資金とポイント

泌尿器科の開業資金とポイント

循環器科の開業資金とポイント

歯科医院開業の開業資金とポイント

性病科の開業資金とポイント

放射線科の開業資金とポイント

精神科の開業資金とポイント

呼吸器科の開業資金とポイント

胃腸科の開業資金とポイント

ペインクリニックの開業資金とポイント

人工透析科の開業資金とポイント

リウマチ科の開業資金とポイント

病院開業前の内装設計について

病院開業前の広告宣伝について

開業後の病診連携について

開業前の行政への届出について

病院開業のための不動産契約の注意点

開業時のスタッフ募集に関して

開業後の集患対策について

開業時の医療機器の選定と調達について

分院を開業する際の注意ポイント

病院を移転して開業する際の注意ポイント

病院開業前の資金調達について

肛門科の開業資金とポイント

矯正歯科の開業資金とポイント

開業時の人材教育について

口腔外科の開業資金とポイント

小児歯科の開業資金とポイント

麻酔科の開業資金とポイント

病院開業前の看板の設置場所について

病院のロゴや病院名について

甲状腺専門病院の開業資金とポイント

病院を開業するに当たっての立地について

糖尿病内科の開業資金とポイント

人を愛する行政書士のブログはこちら
人を愛する行政書士のブログはこちら
facebookページはこちら
facebookページはこちら