病院開業資金調達の手段は自己資金で?

病院を開業するには、多くの資金調達が必要になってきます。ではいったい、いくらくらい資金調達が必要になってくるのでしょうか?

 

これは病院の規模によって異なりますが、多く見積もれば5000万円近くの資金調達が必要になると言われています。もちろん資金は、すべて自己資金で行っても構いません。しかし開業資金に自己資金をすべて使い果たしてしまうと、その後の病院経営が芳しくない場合に不安になってしまいます。そのため、たとえ自己資金で賄えるという場合でも、いくらかは手元に残すべきです。

 

親戚や両親から資金を借りられる場合には、返済金額や返済期間を自由に決めることができるでしょう。また、利子を必要としない場合が多いので、返済はかなり楽になるはずです。しかし、金銭消費貸借契約書を作成しておかなければ、後々トラブルのもととなってしまいます。たとえ親族間の資金の貸し借りであっても、初めに決めた通りきちんと返済しなければなりません。

融資を受ける手段

病院開業のための資金は、親族や両親以外の第三者から融資してもらう手段もあります。その場合、自己資金をある程度用意したうえで、残りの必要資金を融資してもらうことになるでしょう。まとまった大きな金額を融資してもらうのであれば、担保が必要になることもあります。つまり、不動産などを担保に入れることで、大きな金額の融資が受けられるのです。

 

しかし最近は、開業医向けの金融商品の中に担保なしのものが増えています。あるいは、公的な機関から融資を受けるのも1つの方法です。公的な融資は低金利で担保評価が比較的良いですし、元金返済据え置きなど、借りる側からすれば多くのメリットがあるでしょう。

尚、公的融資機関の場合は金利固定制になります。金利が低いときに借り入れすることで、結果的に得をしているというケースも多く考えられるでしょう。ただし公的金融機関で資金を融資してもらう場合、担保が必要になります。それぞれの違いを踏まえ、よく比較しながら資金調達の手段を検討しましょう。

開業医が把握すべきクリニックの工事費用

医師がMS法人を設立するメリット

医療法人化による節税のポイント

医療法人と個人開業の税務上の違い

高齢化で増加している病院の継承開業

歯科医院開業の資金調達

内科病院の開業資金とポイント

開業医が医療法人化するメリット

診療科目ごとの開業医の年収ランキング

医療法人の一種「財団医療法人」のメリット

医療法人の一種「社団医療法人」のメリット

個人病院と医療法人の違い

年齢からみる医師のキャリアと開業のタイミング

開業医のメリットとは?~勤務医と開業医の違い~

医院開業でまず重要になる物件選びのポイント

産婦人科病院の開業資金とポイント

整形外科病院の開業資金とポイント

眼科病院の開業資金とポイント

耳鼻咽喉科病院の開業資金とポイント

皮膚科病院の開業資金とポイント

小児科病院の開業資金とポイント

心療内科病院の開業資金とポイント

形成外科病院の開業資金とポイント

美容外科の開業資金とポイント

消化器内科の開業資金とポイント

脳神経外科の開業資金とポイント

泌尿器科の開業資金とポイント

循環器科の開業資金とポイント

歯科医院開業の開業資金とポイント

性病科の開業資金とポイント

放射線科の開業資金とポイント

精神科の開業資金とポイント

呼吸器科の開業資金とポイント

胃腸科の開業資金とポイント

ペインクリニックの開業資金とポイント

人工透析科の開業資金とポイント

リウマチ科の開業資金とポイント

病院開業前の内装設計について

病院開業前の広告宣伝について

開業後の病診連携について

開業前の行政への届出について

病院開業のための不動産契約の注意点

開業時のスタッフ募集に関して

開業後の集患対策について

開業時の医療機器の選定と調達について

分院を開業する際の注意ポイント

病院を移転して開業する際の注意ポイント

病院開業前の資金調達について

肛門科の開業資金とポイント

矯正歯科の開業資金とポイント

開業時の人材教育について

口腔外科の開業資金とポイント

小児歯科の開業資金とポイント

麻酔科の開業資金とポイント

病院開業前の看板の設置場所について

病院のロゴや病院名について

甲状腺専門病院の開業資金とポイント

病院を開業するに当たっての立地について

糖尿病内科の開業資金とポイント

人を愛する行政書士のブログはこちら
人を愛する行政書士のブログはこちら
facebookページはこちら
facebookページはこちら