病院開業にあたり認知度を高めるために

開業したばかりの病院は、まだ周囲の人に知られていません。たとえチラシを配ったりHPを開設したりしていても、やはり認知度は低いのです。認知度を高めるためには、看板を設置しましょう。

看板を見れば病院が開業する、あるいはしたのだと分かります。また、どのような医院であるかも把握することができるでしょう。何か体に不調をきたせば、目にしたことのある医院へ行ってみようと思ってもらえるかもしれません。

 

看板は、有料で設置できる場所が複数あります。設置場所は個人的に持ち主と交渉しても構いませんが、それでは時間や労力がかかって大変です。また、交渉に慣れていないとストレスが溜まってしまいます。さらに交渉が上手くいかずにトラブルへ発展してしまえば、開業前から医院の名前に傷がついてしまうことも考えられるのです。

そこで有料ですぐ設置できる場所の中から、設置しやすいところ、病院にとってプラスになるところを選びましょう。看板を設置するなら、病院から近くて人の目に触れやすい場所がベストです。

分かりやすい内容で

看板には、患者さんがその看板を見つけた際、病院までの行き方や診察内容、診療時間などがすぐに分かるように配慮しましょう。こうした情報が分かりにくいと、患者さんの足を遠ざけてしまいます。例えば、看板を設置している場所から歩いてどれくらい距離があるのか。また、どちらの方向に歩けば良いのかが分かるようにします。

 

もっとも大切なことは、とにかく病院の名前が分かりやすいものである点です。看板を製作するとき、病院の名前が小さくて見えにくいようでは、看板設置の意味がなくなってしまいます。デザインを重視するのも良いですが、病院名はとにかく大きく、分かりやすさを考えて目立たせましょう。

例えば病院の名前が、看板の半分程度の大きさになってもでも構いません。離れていても見やすいように、できるだけ見やすい文字にしてください。

開業医が把握すべきクリニックの工事費用

医師がMS法人を設立するメリット

医療法人化による節税のポイント

医療法人と個人開業の税務上の違い

高齢化で増加している病院の継承開業

歯科医院開業の資金調達

内科病院の開業資金とポイント

開業医が医療法人化するメリット

診療科目ごとの開業医の年収ランキング

医療法人の一種「財団医療法人」のメリット

医療法人の一種「社団医療法人」のメリット

個人病院と医療法人の違い

年齢からみる医師のキャリアと開業のタイミング

開業医のメリットとは?~勤務医と開業医の違い~

医院開業でまず重要になる物件選びのポイント

産婦人科病院の開業資金とポイント

整形外科病院の開業資金とポイント

眼科病院の開業資金とポイント

耳鼻咽喉科病院の開業資金とポイント

皮膚科病院の開業資金とポイント

小児科病院の開業資金とポイント

心療内科病院の開業資金とポイント

形成外科病院の開業資金とポイント

美容外科の開業資金とポイント

消化器内科の開業資金とポイント

脳神経外科の開業資金とポイント

泌尿器科の開業資金とポイント

循環器科の開業資金とポイント

歯科医院開業の開業資金とポイント

性病科の開業資金とポイント

放射線科の開業資金とポイント

精神科の開業資金とポイント

呼吸器科の開業資金とポイント

胃腸科の開業資金とポイント

ペインクリニックの開業資金とポイント

人工透析科の開業資金とポイント

リウマチ科の開業資金とポイント

病院開業前の内装設計について

病院開業前の広告宣伝について

開業後の病診連携について

開業前の行政への届出について

病院開業のための不動産契約の注意点

開業時のスタッフ募集に関して

開業後の集患対策について

開業時の医療機器の選定と調達について

分院を開業する際の注意ポイント

病院を移転して開業する際の注意ポイント

病院開業前の資金調達について

肛門科の開業資金とポイント

矯正歯科の開業資金とポイント

開業時の人材教育について

口腔外科の開業資金とポイント

小児歯科の開業資金とポイント

麻酔科の開業資金とポイント

病院開業前の看板の設置場所について

病院のロゴや病院名について

甲状腺専門病院の開業資金とポイント

病院を開業するに当たっての立地について

糖尿病内科の開業資金とポイント

人を愛する行政書士のブログはこちら
人を愛する行政書士のブログはこちら
facebookページはこちら
facebookページはこちら