広告媒体には制限があります

飲食店などがオープンする前には、よく折り込みチラシやポスティングチラシが入れられます。しかし紙上で病院開業の広告を出す場合、医療法による広告規制に注意しましょう。具体的に広告には、場所と開院日、診療科目、医師名、専門分野などしか記載することができません。

例えば飲食店であれば、料理の美味しさがどれほどなのか等、詳細にアピールすることができます。しかし病院開業の場合、決められた情報しか記載できない決まりがあるのです。つまり開業時に欠かすことができない広告媒体ですが、決まりによって他の病院との差別化などをアピールすることはできません。

 

しかし、ただ決められた情報を記載するだけでは空虚なものとなってしまいます。広告媒体のデザインを特徴的なものにすることで、人目を引き付けることはできるでしょう。

さらに、広告媒体のポスティングや折り込みチラシは実施日がとても重要です。広告は何度もできるものではなく、だいたい開業前に1回程度の広告宣伝を行うこととなるでしょう。そのため、土日など折り込みチラシが多い日は避けた方が無難です。

ホームページの媒体で広告宣伝

開業前には紙上媒体での広告宣伝のほか、ホームページでも広告宣伝することが可能です。しかも紙上媒体と異なり、ホームページの場合にはそれほど厳しい制限がありません。他の病院と差別化するような語句の記載は、問題となることがあるでしょう。しかし自分の病院についてアピールすることは、特に問われることがないのです。

 

例えば病院の特徴などを詳しく記載しておけば、開業前にどのような病院であるか広めることにつながります。紙上媒体での広告宣伝だけにとどまらず、開業前にはホームページも準備しておきましょう。

今の時代、病院を調べるときには多くの人がホームページを検索します。そのためホームページを持っていることは、それだけで大きな強みとなるはずです。

開業医が把握すべきクリニックの工事費用

医師がMS法人を設立するメリット

医療法人化による節税のポイント

医療法人と個人開業の税務上の違い

高齢化で増加している病院の継承開業

歯科医院開業の資金調達

内科病院の開業資金とポイント

開業医が医療法人化するメリット

診療科目ごとの開業医の年収ランキング

医療法人の一種「財団医療法人」のメリット

医療法人の一種「社団医療法人」のメリット

個人病院と医療法人の違い

年齢からみる医師のキャリアと開業のタイミング

開業医のメリットとは?~勤務医と開業医の違い~

医院開業でまず重要になる物件選びのポイント

産婦人科病院の開業資金とポイント

整形外科病院の開業資金とポイント

眼科病院の開業資金とポイント

耳鼻咽喉科病院の開業資金とポイント

皮膚科病院の開業資金とポイント

小児科病院の開業資金とポイント

心療内科病院の開業資金とポイント

形成外科病院の開業資金とポイント

美容外科の開業資金とポイント

消化器内科の開業資金とポイント

脳神経外科の開業資金とポイント

泌尿器科の開業資金とポイント

循環器科の開業資金とポイント

歯科医院開業の開業資金とポイント

性病科の開業資金とポイント

放射線科の開業資金とポイント

精神科の開業資金とポイント

呼吸器科の開業資金とポイント

胃腸科の開業資金とポイント

ペインクリニックの開業資金とポイント

人工透析科の開業資金とポイント

リウマチ科の開業資金とポイント

病院開業前の内装設計について

病院開業前の広告宣伝について

開業後の病診連携について

開業前の行政への届出について

病院開業のための不動産契約の注意点

開業時のスタッフ募集に関して

開業後の集患対策について

開業時の医療機器の選定と調達について

分院を開業する際の注意ポイント

病院を移転して開業する際の注意ポイント

病院開業前の資金調達について

肛門科の開業資金とポイント

矯正歯科の開業資金とポイント

開業時の人材教育について

口腔外科の開業資金とポイント

小児歯科の開業資金とポイント

麻酔科の開業資金とポイント

病院開業前の看板の設置場所について

病院のロゴや病院名について

甲状腺専門病院の開業資金とポイント

病院を開業するに当たっての立地について

糖尿病内科の開業資金とポイント

人を愛する行政書士のブログはこちら
人を愛する行政書士のブログはこちら
facebookページはこちら
facebookページはこちら