病院開業での立地について

開業にあたって、立地の選択は非常に重要になってきます。立地が悪ければ病院へ行きにくいことがネックとなって、患者数は伸び悩むでしょう。

開業後の医院の診療や、経営に大きく左右してくるのが病院の立地。「どこで開業したら成功できるのか?」という点を考えながら、地域性を見ながら立地を選んでください。

 

開業での物件選びは、業者に一任してしまう人もいるようです。しかし業者任せにしてしまうと、いざ開業となってから後悔することになりかねません。自分の足と目を使って、気になる地域を歩いてみましょう。歩くことで、その地域の雰囲気も伝わってきます。すると、その地域に住んでいる住民の雰囲気が手に取るように分かるもの。その中で「これは」と思う地域があれば、住民と話してみるのも良いでしょう。

開業の候補地は、初めから「ここ」と決めて絞るのではなく、複数個所から選ぶようにすることが大切です。

地域の物件をチェックする場合

病院開業のために物件を見る際、素人ならば何の情報もないまま物件を見てもよく分かりません。しかも、不動産の担当者がいろいろな物件を説明しながら見せてくれると、どの物件も良く見えてしまうものです。

 

そこで物件を見る際には、チェックする点を頭に入れて見るようにしましょう。そのポイントとして、まず挙げられるのが利便性です。なぜなら利便性は、集患数にも大きな影響を与えるから。アクセスや周辺施設などには注意しておきましょう。

次に、物件前の道がどうなっているのかも重要です。道幅が狭すぎたり、一方通行だったりすれば、病院へ行くために遠回りすることになるかもしれません。それでは、自然に足が遠のいてしまいます。

また、安全性、つまり安心して患者さんが来院できる場所かどうかも調べましょう。夜になると物騒な雰囲気があるような場所では、安全とは言えません。そして最後に周辺環境をチェックします。周りにどんな施設があるのかは、とても大事なポイントです。

 

このように各種チェックポイントを考えて、その物件が病院開業にふさわしい場所かどうかを考えましょう。

開業医が把握すべきクリニックの工事費用

医師がMS法人を設立するメリット

医療法人化による節税のポイント

医療法人と個人開業の税務上の違い

高齢化で増加している病院の継承開業

歯科医院開業の資金調達

内科病院の開業資金とポイント

開業医が医療法人化するメリット

診療科目ごとの開業医の年収ランキング

医療法人の一種「財団医療法人」のメリット

医療法人の一種「社団医療法人」のメリット

個人病院と医療法人の違い

年齢からみる医師のキャリアと開業のタイミング

開業医のメリットとは?~勤務医と開業医の違い~

医院開業でまず重要になる物件選びのポイント

産婦人科病院の開業資金とポイント

整形外科病院の開業資金とポイント

眼科病院の開業資金とポイント

耳鼻咽喉科病院の開業資金とポイント

皮膚科病院の開業資金とポイント

小児科病院の開業資金とポイント

心療内科病院の開業資金とポイント

形成外科病院の開業資金とポイント

美容外科の開業資金とポイント

消化器内科の開業資金とポイント

脳神経外科の開業資金とポイント

泌尿器科の開業資金とポイント

循環器科の開業資金とポイント

歯科医院開業の開業資金とポイント

性病科の開業資金とポイント

放射線科の開業資金とポイント

精神科の開業資金とポイント

呼吸器科の開業資金とポイント

胃腸科の開業資金とポイント

ペインクリニックの開業資金とポイント

人工透析科の開業資金とポイント

リウマチ科の開業資金とポイント

病院開業前の内装設計について

病院開業前の広告宣伝について

開業後の病診連携について

開業前の行政への届出について

病院開業のための不動産契約の注意点

開業時のスタッフ募集に関して

開業後の集患対策について

開業時の医療機器の選定と調達について

分院を開業する際の注意ポイント

病院を移転して開業する際の注意ポイント

病院開業前の資金調達について

肛門科の開業資金とポイント

矯正歯科の開業資金とポイント

開業時の人材教育について

口腔外科の開業資金とポイント

小児歯科の開業資金とポイント

麻酔科の開業資金とポイント

病院開業前の看板の設置場所について

病院のロゴや病院名について

甲状腺専門病院の開業資金とポイント

病院を開業するに当たっての立地について

糖尿病内科の開業資金とポイント

人を愛する行政書士のブログはこちら
人を愛する行政書士のブログはこちら
facebookページはこちら
facebookページはこちら