病院移転での手続き

病院を移転するときには、いろいろな手続きを踏まなければなりません。まずは認可庁や保健所、地方厚生局との事前協議が伴い、医療法人の開設で移転するためには定款変更の認可を受けることも必要です。また、新診療所の開設許可の手続きも行うこととなるでしょう。2km以内であれば、今までの保険診療を継続することができます。しかし2㎞を超える場合、移転とはみなされず新規開設ということになります。

 

移転するときには、病院を運営しながらもろもろの手続きを行うこととなります。そのため、かなり忙しい日々を送ることになることをあらかじめ注意しておきましょう。書類などの手続きミスがないよう注意しながら、計画的に手続きを進めていってください。

診療日の空白を作らないように注意

今までの病院から新しい病院へ移って開業する場合、気を付けるべき注意点があります。まず病院を移転する場合、移転先の病院をそのまますぐに開業できるよう、スケジュールを組むことが必要です。診療日に空白を生んでしまうと収入がゼロとなり、死活問題になるでしょう。

そのため、前の病院から継続して新しい病院を開業して診療を開始する場合には、診療の空白期間を作らないようにしてください。

 

特に、保健所への届出や手続きには気を付けましょう。保険診療ができない空白期間が生じないよう注意が必要です。この場合、遡及指定を受けることで、引き続き空白を生むことなく診療が行えます。ただし必ずしも指定が受けられるわけではないので、移転指定期日の遡及ができるかどうかをしっかりと確認しておきましょう。

 

また、移転後新しく開業する場合、土地や建物を公示しなければなりません。建設業者に、自分の病院の移転開業スケジュールをしっかりと伝えておいてください。工事などは遅れることがありますので、建物の完成がギリギリになってしまうことも考えられます。すると、開業へ向けて慌ただしく準備することとなってしまうため、余裕をもってスケジュールを組むことが大切です。

開業医が把握すべきクリニックの工事費用

医師がMS法人を設立するメリット

医療法人化による節税のポイント

医療法人と個人開業の税務上の違い

高齢化で増加している病院の継承開業

歯科医院開業の資金調達

内科病院の開業資金とポイント

開業医が医療法人化するメリット

診療科目ごとの開業医の年収ランキング

医療法人の一種「財団医療法人」のメリット

医療法人の一種「社団医療法人」のメリット

個人病院と医療法人の違い

年齢からみる医師のキャリアと開業のタイミング

開業医のメリットとは?~勤務医と開業医の違い~

医院開業でまず重要になる物件選びのポイント

産婦人科病院の開業資金とポイント

整形外科病院の開業資金とポイント

眼科病院の開業資金とポイント

耳鼻咽喉科病院の開業資金とポイント

皮膚科病院の開業資金とポイント

小児科病院の開業資金とポイント

心療内科病院の開業資金とポイント

形成外科病院の開業資金とポイント

美容外科の開業資金とポイント

消化器内科の開業資金とポイント

脳神経外科の開業資金とポイント

泌尿器科の開業資金とポイント

循環器科の開業資金とポイント

歯科医院開業の開業資金とポイント

性病科の開業資金とポイント

放射線科の開業資金とポイント

精神科の開業資金とポイント

呼吸器科の開業資金とポイント

胃腸科の開業資金とポイント

ペインクリニックの開業資金とポイント

人工透析科の開業資金とポイント

リウマチ科の開業資金とポイント

病院開業前の内装設計について

病院開業前の広告宣伝について

開業後の病診連携について

開業前の行政への届出について

病院開業のための不動産契約の注意点

開業時のスタッフ募集に関して

開業後の集患対策について

開業時の医療機器の選定と調達について

分院を開業する際の注意ポイント

病院を移転して開業する際の注意ポイント

病院開業前の資金調達について

肛門科の開業資金とポイント

矯正歯科の開業資金とポイント

開業時の人材教育について

口腔外科の開業資金とポイント

小児歯科の開業資金とポイント

麻酔科の開業資金とポイント

病院開業前の看板の設置場所について

病院のロゴや病院名について

甲状腺専門病院の開業資金とポイント

病院を開業するに当たっての立地について

糖尿病内科の開業資金とポイント

人を愛する行政書士のブログはこちら
人を愛する行政書士のブログはこちら
facebookページはこちら
facebookページはこちら