専門特化しあえてターゲットポイントをしぼって差別化

開業準備となると、いきなり物件を選ぶ人がいます。もちろん病院開業にあたって、立地は大切なポイントです。良い立地であれば患者さんも来やすくなりますので、患者増にもつながるでしょう。しかしその前に、自分にどのような強みと弱みがあるのか、そのポイントを確認しておきましょう。

 

今は医療機関が多く乱立している時代。少しでも他との差別化ができなければ、生き残っていくことは困難です。患者さんに選択してもらうためにも、必要な専門性を掲げましょう。例えば甲状腺専門の医師なら、甲状腺専門の病院であることを掲げることで患者さんは診療内容を把握でき、病院に訪れやすくなります。

近年は糖尿病で悩む患者数が増加傾向にあります。糖尿病はさまざまな合併症を発症し得ることから、血糖管理のみならず、総合内科的な全身管理が必要不可欠です。甲状腺専門の病院ではきめ細やかな治療を行えるため、それを多くの人に知らせれば患者数アップにつながるはずです。

専門性があれば、専門的な治療を必要とする患者さんが治療を受けたいと思って来てくれるようになります。そのためにも病院開業時には、「甲状腺の専門性がある」という情報を提供することが大切です。

開業資金準備について

開業に必要な資金の準備額はさまざま。病院の規模によって開業資金は異なるほか、自己資金で準備できる金額も人によって違うはずです。

 

自己資金は1000万~2000万円の間が大半となっています。中には自己資金0円で開業する人もいますが、これでは運転資金が足りないときに困ってしまいます。たとえ甲状腺専門という大きなポイントがあったとしても、集客力を上げていくには数か月かかることも考えられるでしょう。経営が軌道に乗るまではしばらく日数がかかるので、借り入れだけで資金を準備するのではなく、ある程度の自己資金があった方が安心して病院運営に取り組めます。

開業医が把握すべきクリニックの工事費用

医師がMS法人を設立するメリット

医療法人化による節税のポイント

医療法人と個人開業の税務上の違い

高齢化で増加している病院の継承開業

歯科医院開業の資金調達

内科病院の開業資金とポイント

開業医が医療法人化するメリット

診療科目ごとの開業医の年収ランキング

医療法人の一種「財団医療法人」のメリット

医療法人の一種「社団医療法人」のメリット

個人病院と医療法人の違い

年齢からみる医師のキャリアと開業のタイミング

開業医のメリットとは?~勤務医と開業医の違い~

医院開業でまず重要になる物件選びのポイント

産婦人科病院の開業資金とポイント

整形外科病院の開業資金とポイント

眼科病院の開業資金とポイント

耳鼻咽喉科病院の開業資金とポイント

皮膚科病院の開業資金とポイント

小児科病院の開業資金とポイント

心療内科病院の開業資金とポイント

形成外科病院の開業資金とポイント

美容外科の開業資金とポイント

消化器内科の開業資金とポイント

脳神経外科の開業資金とポイント

泌尿器科の開業資金とポイント

循環器科の開業資金とポイント

歯科医院開業の開業資金とポイント

性病科の開業資金とポイント

放射線科の開業資金とポイント

精神科の開業資金とポイント

呼吸器科の開業資金とポイント

胃腸科の開業資金とポイント

ペインクリニックの開業資金とポイント

人工透析科の開業資金とポイント

リウマチ科の開業資金とポイント

病院開業前の内装設計について

病院開業前の広告宣伝について

開業後の病診連携について

開業前の行政への届出について

病院開業のための不動産契約の注意点

開業時のスタッフ募集に関して

開業後の集患対策について

開業時の医療機器の選定と調達について

分院を開業する際の注意ポイント

病院を移転して開業する際の注意ポイント

病院開業前の資金調達について

肛門科の開業資金とポイント

矯正歯科の開業資金とポイント

開業時の人材教育について

口腔外科の開業資金とポイント

小児歯科の開業資金とポイント

麻酔科の開業資金とポイント

病院開業前の看板の設置場所について

病院のロゴや病院名について

甲状腺専門病院の開業資金とポイント

病院を開業するに当たっての立地について

糖尿病内科の開業資金とポイント

人を愛する行政書士のブログはこちら
人を愛する行政書士のブログはこちら
facebookページはこちら
facebookページはこちら