歯科を開業する上で必要な資金

歯科医院一つを新規開業するということは、決して簡単なことではありません。

そのため、開業資金は余裕をもって用意しておくことが大切です。

規模や物件にもよりますが、平均的な開業資金の額としては、およそ5,500万円と考えておきましょう。

特に、施設の準備には資金が必要です。

あくまで一例ですが、家賃として1年分600万円、敷礼金で100万円、さらに仲介手数料50万円といった具合です。

もちろん、物件をおさえたからといって、開業できるわけではありません。

これに加えて、内装工事諸費用として1,500万円ほどを見積もっておかなくてはなりません。

近年は内装にこだわった歯科も多いので、ライバル医院を意識した空間づくりも大切です。

次に、歯科ならではの機材関連も大きな要素を占めます。

歯科診療ユニットで700万円、エアコンプレッサー・バキュームシステム・減菌器がそれぞれ50万円、レントゲン機器750万円といったところでしょうか。

歯科という専門的な診療科を考えるのであれば、設備の充実は必須となります。

その他、消耗品や広告費、当面の運転資金なども加えた額として、冒頭のおよそ5,500万円は必要と考えておくべきです。

控えめに見積もっていると、開業準備を進めるうちに足りなくなってくることも考えられるので、とにかく余裕をもって確保することが大切です。

開業前の資金調達時に考えておくべきこと

人を助ける仕事である歯科医ですが、事業経営する以上は利益も大切です。

その点、歯科という業種はしっかり計画を立てておくべきといえます。

なぜなら現在、歯科医院は全国に多数あり、非常に競争の激しい業界となっているからであり、全国に展開するコンビニエンスストアをもしのぐ数があるとさえ言われているのです。

安定経営を続けていくには、マーケティング面や確かな技術、そして経営者目線も大事にすることを忘れないよう心がけましょう。

総合的な経営に力を注ぐことで、初めて患者さんの集まる安定した利益を生み続ける歯科医院が実現します。

人を愛する行政書士のブログはこちら
人を愛する行政書士のブログはこちら
facebookページはこちら
facebookページはこちら