放射線科の開業は標榜するのが一般的

「放射線科を独立させて開業するのは難しい」と、思っている人も多いのではないでしょうか?

放射線科だけのクリニックに、患者さんがたくさん押し寄せるとは思えません。

そのため、多くは内科や外科などを標榜して開業しています。

開業の際の標榜は自由標榜なので、整形外科と標榜したり、内科と標榜したりすることが可能です。

一般的に、放射線科が独立する場合は内科と標榜することが多いようですが、標榜をしなくても、画像検査だけに特化した画像診断クリニックを作ることもできます。

このように、放射線科を独立して開業することも珍しいことではありません。

ただし、独立・開業は必ずしも成功するとは限りません。

放射線科として独立・開業する場合は、開業する知識の医療状況、放射線治療の需要について確認しておくことが重要です。

また、標榜する診療科の治療に関しても臨床経験を積んで、実績と人脈を作っておかなくてはいけません。

 

放射線科の実績が重要

放射線科として独立するには、キャリアが重要です。

開業資金を用意するとしても、治療実績やキャリアがどれくらいか、という点は重要になります。

また、開業する際には治療をするにあたっての、専用の医療機器などの設備資金が必要です。

そのためにも、大学病院などで治療に専念しキャリアを積み、実績を作って信用度を上げる必要があります。

放射線科の治療は、最先端機器などがある方が、治療効果が高いものです。

設備機器に費用がかかることを覚悟しておきましょう。

医療機器だけではなく、運転資金も確保しておくことが必要です。

さらに経営を続けていくには、看護師などの人材管理やコスト管理などをしながら、経営をしていかなければなりません。

放射線科としての知識や技術、キャリアのほかに、クリニックの経営についても勉強をしておいた方が良いでしょう。

独立する前に、画像診断クリニックなどで経営について学ぶという経験をするのもおススメです。

 

開業医が把握すべきクリニックの工事費用

医師がMS法人を設立するメリット

医療法人化による節税のポイント

医療法人と個人開業の税務上の違い

高齢化で増加している病院の継承開業

歯科医院開業の資金調達

内科病院の開業資金とポイント

開業医が医療法人化するメリット

診療科目ごとの開業医の年収ランキング

医療法人の一種「財団医療法人」のメリット

医療法人の一種「社団医療法人」のメリット

個人病院と医療法人の違い

年齢からみる医師のキャリアと開業のタイミング

開業医のメリットとは?~勤務医と開業医の違い~

医院開業でまず重要になる物件選びのポイント

産婦人科病院の開業資金とポイント

整形外科病院の開業資金とポイント

眼科病院の開業資金とポイント

耳鼻咽喉科病院の開業資金とポイント

皮膚科病院の開業資金とポイント

小児科病院の開業資金とポイント

心療内科病院の開業資金とポイント

形成外科病院の開業資金とポイント

美容外科の開業資金とポイント

消化器内科の開業資金とポイント

脳神経外科の開業資金とポイント

泌尿器科の開業資金とポイント

循環器科の開業資金とポイント

歯科医院開業の開業資金とポイント

性病科の開業資金とポイント

放射線科の開業資金とポイント

精神科の開業資金とポイント

呼吸器科の開業資金とポイント

胃腸科の開業資金とポイント

ペインクリニックの開業資金とポイント

人工透析科の開業資金とポイント

リウマチ科の開業資金とポイント

人を愛する行政書士のブログはこちら
人を愛する行政書士のブログはこちら
facebookページはこちら
facebookページはこちら