循環器科を理解してもらえる努力が必要

循環器科といっても、患者さんにとってはどのような疾患でかかればいいのか分からない、ということが多いものです。

開業する際には、まず循環器科の内容や特徴について患者さんに知ってもらうことが重要となります。

理解してもらえないと、通常は競合となる内科や外科に行ってしまうので、まずは循環器科ではどういった病気を診るのか、循環器科クリニックであれば、もっと専門的に疾患を診られる、という点をアピールすることが成功につながるでしょう。

そのためには、ホームページの作成が鍵となります。

その際に注意したいのは、医療用語などの専門用語をできるだけ分かりやすくすることです。

ホームページを見るのは医療関係者ではなく、患者さんなので、医療知識のない人に分かりやすくクリニックのことや循環器のことを説明するには、分かりやすい言葉で伝えなくてはいけません。

まずは、患者さんが関心のある疾患などについて、分かりやすい言葉で説明することを心がけましょう。

 

循環器科クリニックは競合となる内科がない場所に

循環器科クリニックを開業するにあたり、開業資金は大きな問題となると思いますが、開業する場所にも注意しましょう。

近くに内科などがあると、大きな競合相手となります。

ほとんどの患者さんは知識がないので、まずは競合相手である内科に行ってしまうでしょう。

できるだけ競合相手となる内科がない場所に、クリニックを開業することが重要です。

開業資金は、医療機器のための資金や内装資金などに大きな金額がかかります。

小さいものとしては、広告宣伝費なども計算に入れておかなければなりません。

まずは、自己資金として、どのくらい準備できるかを検討しておく必要があります。

自己資金の目安としては、総投資額の5~10%が理想です。

他は、医師のコンセプトなどによっても、資金は変わるので、開業コンサルタントなどに相談することを、お勧めします。

 

開業医が把握すべきクリニックの工事費用

医師がMS法人を設立するメリット

医療法人化による節税のポイント

医療法人と個人開業の税務上の違い

高齢化で増加している病院の継承開業

歯科医院開業の資金調達

内科病院の開業資金とポイント

開業医が医療法人化するメリット

診療科目ごとの開業医の年収ランキング

医療法人の一種「財団医療法人」のメリット

医療法人の一種「社団医療法人」のメリット

個人病院と医療法人の違い

年齢からみる医師のキャリアと開業のタイミング

開業医のメリットとは?~勤務医と開業医の違い~

医院開業でまず重要になる物件選びのポイント

産婦人科病院の開業資金とポイント

整形外科病院の開業資金とポイント

眼科病院の開業資金とポイント

耳鼻咽喉科病院の開業資金とポイント

皮膚科病院の開業資金とポイント

小児科病院の開業資金とポイント

心療内科病院の開業資金とポイント

形成外科病院の開業資金とポイント

美容外科の開業資金とポイント

消化器内科の開業資金とポイント

脳神経外科の開業資金とポイント

泌尿器科の開業資金とポイント

循環器科の開業資金とポイント

歯科医院開業の開業資金とポイント

性病科の開業資金とポイント

放射線科の開業資金とポイント

精神科の開業資金とポイント

呼吸器科の開業資金とポイント

胃腸科の開業資金とポイント

ペインクリニックの開業資金とポイント

人工透析科の開業資金とポイント

リウマチ科の開業資金とポイント

人を愛する行政書士のブログはこちら
人を愛する行政書士のブログはこちら
facebookページはこちら
facebookページはこちら