小児歯科物件ついて

小児歯科を開業する場合にはポイントがあります。子どもが多くいるエリアであれば、自宅を改造して小児歯科にするのも1つの方法です。

自宅で開業すれば、周囲の人にも広く知ってもらえるでしょう。また、家庭を持っている医師であれば、店舗を借りて内装・外装を行うより、自宅を改造した方がコストを下げられます。

歯科医院の中には1階を病院にして、2階を自宅として利用している人も少なくありません。新しく物件を探す手間も時間もかかりませんし、何より自宅で開業をすることでアットホームな雰囲気を出すことにつながります。

 

ただし自宅を改装できない場合には、新しい物件を探すことになるでしょう。小児歯科であればオフィス街や駅前などではなく、子どもの多いエリアを考えてください。しかし子どもの多いエリアで物件を探していると、すでに多くの同じような小児歯科を目にするかもしれません。子どもが多いエリアに病院を出したいと人は多いので、ライバルが増えることになってしまうには当然のこと。商圏の調査を行い、あまりライバルが多くない場所、これから子どもが増えそうな場所などを考えて物件を探すことが重要です。

開業資金について

小児歯科を開業する場合、ある程度の資金が必要になってきます。特に歯科医院はいろいろな医療器具を揃えることとなるため、資金も多くかかってしまうでしょう。

 

小児歯科の場合は患者さんが子供のため、待合室を広めにとったり、キッズスペースを作ったりすることも必要になってきます。そのため、そうした設備にも資金を回さなければなりません。

内装や外装資金、医療器具購入費用、運資金などを考えると、約5000万円強の開業資金が必要になります。自己資金だけでは賄えない場合には、借りたり融資を受けたりすることになるでしょう。親族から借りる場合は融通が利きますが、金融機関からの融資は注意してください。きちんと返済計画を立てておかなければ、経営状態が悪化する要因になってしまいます。

開業医が把握すべきクリニックの工事費用

医師がMS法人を設立するメリット

医療法人化による節税のポイント

医療法人と個人開業の税務上の違い

高齢化で増加している病院の継承開業

歯科医院開業の資金調達

内科病院の開業資金とポイント

開業医が医療法人化するメリット

診療科目ごとの開業医の年収ランキング

医療法人の一種「財団医療法人」のメリット

医療法人の一種「社団医療法人」のメリット

個人病院と医療法人の違い

年齢からみる医師のキャリアと開業のタイミング

開業医のメリットとは?~勤務医と開業医の違い~

医院開業でまず重要になる物件選びのポイント

産婦人科病院の開業資金とポイント

整形外科病院の開業資金とポイント

眼科病院の開業資金とポイント

耳鼻咽喉科病院の開業資金とポイント

皮膚科病院の開業資金とポイント

小児科病院の開業資金とポイント

心療内科病院の開業資金とポイント

形成外科病院の開業資金とポイント

美容外科の開業資金とポイント

消化器内科の開業資金とポイント

脳神経外科の開業資金とポイント

泌尿器科の開業資金とポイント

循環器科の開業資金とポイント

歯科医院開業の開業資金とポイント

性病科の開業資金とポイント

放射線科の開業資金とポイント

精神科の開業資金とポイント

呼吸器科の開業資金とポイント

胃腸科の開業資金とポイント

ペインクリニックの開業資金とポイント

人工透析科の開業資金とポイント

リウマチ科の開業資金とポイント

病院開業前の内装設計について

病院開業前の広告宣伝について

開業後の病診連携について

開業前の行政への届出について

病院開業のための不動産契約の注意点

開業時のスタッフ募集に関して

開業後の集患対策について

開業時の医療機器の選定と調達について

分院を開業する際の注意ポイント

病院を移転して開業する際の注意ポイント

病院開業前の資金調達について

肛門科の開業資金とポイント

矯正歯科の開業資金とポイント

開業時の人材教育について

口腔外科の開業資金とポイント

小児歯科の開業資金とポイント

麻酔科の開業資金とポイント

病院開業前の看板の設置場所について

病院のロゴや病院名について

甲状腺専門病院の開業資金とポイント

病院を開業するに当たっての立地について

糖尿病内科の開業資金とポイント

人を愛する行政書士のブログはこちら
人を愛する行政書士のブログはこちら
facebookページはこちら
facebookページはこちら