呼吸器科の開業は子どもが鍵

呼吸器科の開業を成功させるには、子どもの患者さんを多く受け入れられるクリニックを目指すことが鍵となります。

喘息などを持つ子どもも多いという理由もありますが、子どもを連れてくる親も患者になる可能性があり、そうすれば患者数も自然と増えていくからです。

また、子どもの親の口コミやネットなどへの評判を書き込むことも考えられるため、子どもに気に入られる呼吸器科クリニックであるとともに、親からも信頼される呼吸器科となることが重要となるでしょう。

そのためには、子どもから「優しい」と思ってくれる診察も必要ですが、大人が納得できる説明をしてくれる、分かりやすい説明をしてくれる、という医師の姿勢も大切です。

地域のクリニックとして信頼されるためには、患者さんとの距離が近い、親しみやすさも必要となります。

子どもが居心地いいと感じられる雰囲気の内装、絵本やおもちゃなど細かい点にも配慮したクリニック作りを考えた開業資金の計画が大切です。

 

親子が来院しやすい場所に

親に選ばれやすい呼吸器科クリニックとしては、通いやすい距離、通いやすい場所、であることが重要です。

家から距離が近いクリニックが最適なので、住宅の多い場所を選ぶといいでしょう。

または、駅から距離が離れていない場所、幼稚園などと距離が近い場所、に呼吸器科を開業するのが理想です。

また、駅や家から近い距離にあるという点も重要ですが、車で子どもを連れて来院する親も多いので、車を停める場所を確保するか、コインパーキングが近くにあるといいでしょう。

特に、駅から離れた場所にクリニックがあるなら、駐車場は重要です。

呼吸器科に通院させなければならない子どもは、車に乗せて連れていくケースも多いので、駐車場がないと、他の呼吸器科に行ってしまう可能性もあります。

不便なクリニックという印象を持たれないためにも、駐車場のスペースは開業資金の中に入れておくことを忘れないようにしましょう。

 

開業医が把握すべきクリニックの工事費用

医師がMS法人を設立するメリット

医療法人化による節税のポイント

医療法人と個人開業の税務上の違い

高齢化で増加している病院の継承開業

歯科医院開業の資金調達

内科病院の開業資金とポイント

開業医が医療法人化するメリット

診療科目ごとの開業医の年収ランキング

医療法人の一種「財団医療法人」のメリット

医療法人の一種「社団医療法人」のメリット

個人病院と医療法人の違い

年齢からみる医師のキャリアと開業のタイミング

開業医のメリットとは?~勤務医と開業医の違い~

医院開業でまず重要になる物件選びのポイント

産婦人科病院の開業資金とポイント

整形外科病院の開業資金とポイント

眼科病院の開業資金とポイント

耳鼻咽喉科病院の開業資金とポイント

皮膚科病院の開業資金とポイント

小児科病院の開業資金とポイント

心療内科病院の開業資金とポイント

形成外科病院の開業資金とポイント

美容外科の開業資金とポイント

消化器内科の開業資金とポイント

脳神経外科の開業資金とポイント

泌尿器科の開業資金とポイント

循環器科の開業資金とポイント

歯科医院開業の開業資金とポイント

性病科の開業資金とポイント

放射線科の開業資金とポイント

精神科の開業資金とポイント

呼吸器科の開業資金とポイント

胃腸科の開業資金とポイント

ペインクリニックの開業資金とポイント

人工透析科の開業資金とポイント

リウマチ科の開業資金とポイント

人を愛する行政書士のブログはこちら
人を愛する行政書士のブログはこちら
facebookページはこちら
facebookページはこちら