歯科口腔外科を開業する資金ポイント

歯科口腔外科を開業する場合には、多くの資金が必要です。しかも歯科医の医療器具はとても高額。もちろんどの診療科でも医療器具は高額なのですが、特に口腔外科の器具は高く、医療器具だけで約1000万円以上かかってきます。

しかも、医療器具だけの出費では終わりません。医院の内装・外装にも資金が必要ですし、病院を借りる場所も必要になってきます。口腔外科を開業する際には、このようにとても大きなコストがかかってくるのです。

 

多くの場合、開業するためには自己資金だけで賄い切れないでしょう。そうなれば融資を受けたり、借り入れを行ったりすることになります。大きな借金を作って開業することになるため、少しでもコストを下げる工夫が必要です。

少しでもコストを下げるために工夫

口腔外科の開業資金を少しでも安くするためには、医療器具のコストを下げることを考えましょう。品質・機能性に問題がなく使える状態であれば、新品の医療器具を準備しなければならない理由はどこにもありません。中古の医療機器も選択肢の1つとなります。

 

さらに病院の立地も考えましょう。立地が良ければ、その分だけ多くの人の目に触れやすくなります。そうなれば、より多くの人が来院してくれると考えるでしょう。

しかし口腔外科には、普通の歯科では痛みで耐え切れなくなった人がやってきます。アクセスの悪い場所に病院を構えていると、痛みでストレスを抱えている患者さんなら行く気が失せてしまいます。そこは多少コストがかかっても、アクセスの良い立地の場所に病院を構えるべきと言えるでしょう。立地が良ければ次第に患者さんも多くなってくるので、経営も軌道に乗りやすいと考えられます。

 

開業する前にはいろいろな出費が必要です。また、軌道に乗るまでにはたくさん苦労があるでしょう。しかし一度患者さんが付けば経営は安定します。その間を持ちこたえることができれば、不安は払拭されるはずです。

開業医が把握すべきクリニックの工事費用

医師がMS法人を設立するメリット

医療法人化による節税のポイント

医療法人と個人開業の税務上の違い

高齢化で増加している病院の継承開業

歯科医院開業の資金調達

内科病院の開業資金とポイント

開業医が医療法人化するメリット

診療科目ごとの開業医の年収ランキング

医療法人の一種「財団医療法人」のメリット

医療法人の一種「社団医療法人」のメリット

個人病院と医療法人の違い

年齢からみる医師のキャリアと開業のタイミング

開業医のメリットとは?~勤務医と開業医の違い~

医院開業でまず重要になる物件選びのポイント

産婦人科病院の開業資金とポイント

整形外科病院の開業資金とポイント

眼科病院の開業資金とポイント

耳鼻咽喉科病院の開業資金とポイント

皮膚科病院の開業資金とポイント

小児科病院の開業資金とポイント

心療内科病院の開業資金とポイント

形成外科病院の開業資金とポイント

美容外科の開業資金とポイント

消化器内科の開業資金とポイント

脳神経外科の開業資金とポイント

泌尿器科の開業資金とポイント

循環器科の開業資金とポイント

歯科医院開業の開業資金とポイント

性病科の開業資金とポイント

放射線科の開業資金とポイント

精神科の開業資金とポイント

呼吸器科の開業資金とポイント

胃腸科の開業資金とポイント

ペインクリニックの開業資金とポイント

人工透析科の開業資金とポイント

リウマチ科の開業資金とポイント

病院開業前の内装設計について

病院開業前の広告宣伝について

開業後の病診連携について

開業前の行政への届出について

病院開業のための不動産契約の注意点

開業時のスタッフ募集に関して

開業後の集患対策について

開業時の医療機器の選定と調達について

分院を開業する際の注意ポイント

病院を移転して開業する際の注意ポイント

病院開業前の資金調達について

肛門科の開業資金とポイント

矯正歯科の開業資金とポイント

開業時の人材教育について

口腔外科の開業資金とポイント

小児歯科の開業資金とポイント

麻酔科の開業資金とポイント

病院開業前の看板の設置場所について

病院のロゴや病院名について

甲状腺専門病院の開業資金とポイント

病院を開業するに当たっての立地について

糖尿病内科の開業資金とポイント

人を愛する行政書士のブログはこちら
人を愛する行政書士のブログはこちら
facebookページはこちら
facebookページはこちら