医局は1つの選択肢

医師は大体30歳ぐらいまでは、医学に関する知識や技術を吸収していく時期となります。

医局に入れば大学病院や関連している病院で後期研修を受けることが出来るので30歳ぐらいまでは医局に籍を置いているという医師も少なくはありません。

この医局というのは、より効率よく人材を育てることを目的とした教育システムであり、今までに多くの医局で医師の人材育成がされてきました。

知識や技量・経験を持つ認定医を目指すためにも、医局は自分の人材育成をしてもらえる場でもあるため、籍を置くメリットというのは十分にある場所です。

また、医局に在籍してから転職をと考えている人も居るかもしれませんが、すぐに転職をしてしまえば問題がある人物だと判断されることもあるので、タイミングには気を付けなければいけません。

人材育成の恩恵を受け、次のステージに進むためには1つの施設に2年以上在籍しているというのが理想的なのでしっかりとタイミングを計りましょう。

30歳ぐらいになれば、認定医になれる人も出てくるのでそうなれば選択肢も広がっていきます。

開業を目指すならば

認定医にもなり、医師として人材育成の恩恵を受ける段階が終われば中には開業を目指す医師も出てきます。

そこで重要になってくるのが、医局をやめるタイミングと開業をするタイミングです。

医局では人事異動などもあるので、タイミングを間違えれば教授から反対されてしまうということもあります。

そのため、やめる意思を伝える時にはタイミングを考えて人事異動が決定する時期に被らないように余裕を持ちましょう。

認定医など、優秀な医師には残ってほしいと医局側に引き止められることもあるかもしれません。

しっかりと行動を移していけるようにタイミングに加え根回しなどもしておくことで開業への道をよりスムーズに切り開いていけるはずです。

開業するためにも医局をやめるタイミングと、のちのち自分が不利にならないよう、施設側に必要とされる医師になるために、医局に入ったら2年以上は在籍するということを念頭において行動していきましょう。

開業医が把握すべきクリニックの工事費用

医師がMS法人を設立するメリット

医療法人化による節税のポイント

医療法人と個人開業の税務上の違い

高齢化で増加している病院の継承開業

歯科医院開業の資金調達

内科病院の開業資金とポイント

開業医が医療法人化するメリット

診療科目ごとの開業医の年収ランキング

医療法人の一種「財団医療法人」のメリット

医療法人の一種「社団医療法人」のメリット

個人病院と医療法人の違い

年齢からみる医師のキャリアと開業のタイミング

開業医のメリットとは?~勤務医と開業医の違い~

医院開業でまず重要になる物件選びのポイント

産婦人科病院の開業資金とポイント

整形外科病院の開業資金とポイント

眼科病院の開業資金とポイント

耳鼻咽喉科病院の開業資金とポイント

皮膚科病院の開業資金とポイント

小児科病院の開業資金とポイント

心療内科病院の開業資金とポイント

形成外科病院の開業資金とポイント

美容外科の開業資金とポイント

消化器内科の開業資金とポイント

脳神経外科の開業資金とポイント

泌尿器科の開業資金とポイント

循環器科の開業資金とポイント

歯科医院開業の開業資金とポイント

性病科の開業資金とポイント

放射線科の開業資金とポイント

精神科の開業資金とポイント

呼吸器科の開業資金とポイント

胃腸科の開業資金とポイント

ペインクリニックの開業資金とポイント

人工透析科の開業資金とポイント

リウマチ科の開業資金とポイント

病院開業前の内装設計について

病院開業前の広告宣伝について

開業後の病診連携について

開業前の行政への届出について

病院開業のための不動産契約の注意点

開業時のスタッフ募集に関して

開業後の集患対策について

開業時の医療機器の選定と調達について

分院を開業する際の注意ポイント

病院を移転して開業する際の注意ポイント

病院開業前の資金調達について

肛門科の開業資金とポイント

矯正歯科の開業資金とポイント

開業時の人材教育について

口腔外科の開業資金とポイント

小児歯科の開業資金とポイント

麻酔科の開業資金とポイント

病院開業前の看板の設置場所について

病院のロゴや病院名について

甲状腺専門病院の開業資金とポイント

病院を開業するに当たっての立地について

糖尿病内科の開業資金とポイント

開業医に必要な知識とモチベーション

開業場所が経営にどれほど重要か

治療院として成功するための戦略

返済の必要がない助成金を活用し、開業初期を乗り切りましょう

医局をでるタイミング、施設が一番求める人材とは

自宅開業医のメリットとは

開業することのメリット、勤務医との違いとは何か

赤字経営にならない開業医と対策

開業医に合う人、合わない人

開業医としての人生設計と借金返済

損益分岐点を越えるのに必要なこと、短期間で到達する方法

 

人を愛する行政書士のブログはこちら
人を愛する行政書士のブログはこちら
facebookページはこちら
facebookページはこちら