分院の開業のタイミングは?

病院を開業して5年から7年が経過すれば、経営も軌道に乗ってきます。中には次のステップとして、分院を開業したいと思い始める人もいるでしょう。あるいは、今がそのタイミングだという人がいるかもしれません。

 

ではいったい、どのようなタイミングで開業をしていくのがベストなのでしょうか?

 

手元に多くの資金が集まるようになった頃が、分院のタイミングだと考える人もいるようです。しかし、病院の機能を分化したいと考え始めた時期こそ、ベストなタイミングだと考えられるでしょう。

例えば、今までは外来での診察の実に対応していた病院が、新たに在宅専門での施設建設に乗り出す。あるいは、病院にとってサテライト機能を果たすような分院の設立などがそれに当たります。本院の補完的な役割であったり、本院とは異なる機能を持つ分院を持ったりすることが、より大きな成功を得るためのポイントになるのです。

 

そして分院を行うのであれば、法人化しなければなりません。個人の医師が複数の病院を持つことはできないので、開設したい場合、広域医療法人の認可を厚生労働省から受けるか、別に理事長として医師を擁立する必要があります。

失敗しないためのポイント

分院を開業した後に失敗しないためにはポイントがあります。分院は別の医師に任せるのですから、信頼できる医師を雇い、考え方が大きく異なる人は雇わないようにすることが大切です。考え方の違いから端を発しトラブルに発展してしまったり、分院が自分の思い描いていたような病院にならなかったりすることがあるでしょう。医師を雇うときには、細心の注意を払うことがポイントです。

 

医師は、人材紹介会社に紹介を依頼することもできます。しかし自分の出身大学の人脈を頼ったり、知り合い医師の人脈を頼ったりして人材を確保した方が、信頼できる人を見つけられるでしょう。出身大学が同じ、あるいは知り合いからの紹介であれば、紹介者がこちらの意図や考え方を理解してくれているので、ふさわしい人材を紹介してくれるはずです。

また、本院と分院が全く別の機能を持っていたとしても、コミュニケーションを密にはかっていくこともポイントです。

開業医が把握すべきクリニックの工事費用

医師がMS法人を設立するメリット

医療法人化による節税のポイント

医療法人と個人開業の税務上の違い

高齢化で増加している病院の継承開業

歯科医院開業の資金調達

内科病院の開業資金とポイント

開業医が医療法人化するメリット

診療科目ごとの開業医の年収ランキング

医療法人の一種「財団医療法人」のメリット

医療法人の一種「社団医療法人」のメリット

個人病院と医療法人の違い

年齢からみる医師のキャリアと開業のタイミング

開業医のメリットとは?~勤務医と開業医の違い~

医院開業でまず重要になる物件選びのポイント

産婦人科病院の開業資金とポイント

整形外科病院の開業資金とポイント

眼科病院の開業資金とポイント

耳鼻咽喉科病院の開業資金とポイント

皮膚科病院の開業資金とポイント

小児科病院の開業資金とポイント

心療内科病院の開業資金とポイント

形成外科病院の開業資金とポイント

美容外科の開業資金とポイント

消化器内科の開業資金とポイント

脳神経外科の開業資金とポイント

泌尿器科の開業資金とポイント

循環器科の開業資金とポイント

歯科医院開業の開業資金とポイント

性病科の開業資金とポイント

放射線科の開業資金とポイント

精神科の開業資金とポイント

呼吸器科の開業資金とポイント

胃腸科の開業資金とポイント

ペインクリニックの開業資金とポイント

人工透析科の開業資金とポイント

リウマチ科の開業資金とポイント

病院開業前の内装設計について

病院開業前の広告宣伝について

開業後の病診連携について

開業前の行政への届出について

病院開業のための不動産契約の注意点

開業時のスタッフ募集に関して

開業後の集患対策について

開業時の医療機器の選定と調達について

分院を開業する際の注意ポイント

病院を移転して開業する際の注意ポイント

病院開業前の資金調達について

肛門科の開業資金とポイント

矯正歯科の開業資金とポイント

開業時の人材教育について

口腔外科の開業資金とポイント

小児歯科の開業資金とポイント

麻酔科の開業資金とポイント

病院開業前の看板の設置場所について

病院のロゴや病院名について

甲状腺専門病院の開業資金とポイント

病院を開業するに当たっての立地について

糖尿病内科の開業資金とポイント

人を愛する行政書士のブログはこちら
人を愛する行政書士のブログはこちら
facebookページはこちら
facebookページはこちら