内科病院の開業資金はどれくらい用意すべき?

内科は、全医療科目の中でも必要な専門知識が比較的少なく、新規開業しやすいジャンルといえるでしょう。

なおかつ、風邪やインフルエンザなど内科的症状で訪れる患者は少なくないため、安定した経営が期待できます。

しかし、やはり病院を一つ作るともなれば、その準備はそうたやすくはありません。

ベースとなる開業資金を確保して、余裕をもって開業できるような工夫が必要です。

開業資金として必要な総額は、5,000~6,500万円以上といわれていますが、土地や建物の規模次第ではさらに必要になることもあるため、上限に関しては断言できません。

内訳としては、土地・建物が3,000万円以上、その他設備に2,000~3,500万円といった具合です。

電子カルテ・コピー複合機・X線撮影装置・超音波診断装置など、内科にも必要な機材は多岐にわたります。

少しでも開業費用を抑えたいと考えるなら、既存の土地・建物を利用する形が良いでしょう。

以前にも診療所であった物件や、病院として営業しやすい立地や規模にある物件を賃貸利用するといった具合です。

ただ、商業利用できる物件は限られているので、不動産会社とのコンサルティングも欠かせません。

内科開業の際のポイント

個人で内科医院を始めるなら、利益面もしっかり考えておかなくてはなりません。

医療法人と異なり、開業医は経営者としての視点が重要です。

そのため開業時には、どれくらいの利益が見込めるかも考えておくべきです。

例えば患者数については、見込み患者数を割り出し、地域に適した内科の事業展開を考えます。

病院もマーケティングが重要なので、その点も意識しながら準備しましょう。

また、患者それぞれにおける患者単価や、支出シミュレーションも徹底して行なっておきましょう。

初期資金が大きいため、万が一失敗した場合は大きなダメージを被ります。

初めての開業では未来に期待が膨らむものですが、こうした準備の面も徹底しておいてください。

人を愛する行政書士のブログはこちら
人を愛する行政書士のブログはこちら
facebookページはこちら
facebookページはこちら