公益財団の解散について

公益財団法人は解散することがあります。
定款で定めた存続期間の満了したときや、解散の事由の発生、財産の滅失やその他の事由による公益財団の目的であった事業の成功不能の場合です。

また、合併、破産手続きが開始されることが決定した、設立許可が取り消されたときや解散命令が降ったときも解散する恐れがあります。
公益財団は、ある事業年度及びその翌事業度に係る貸借対照表上の純資産額が、いずれも3百万円未満となった場合は解散すると決められています。
公益財団を解散する際は手続きをしなければなりません。
公益財団が目的とする社会的活動を継続できなくなれば、その活動を停止し、法律関係と残余財産を清算する必要があり、このようなことを解散事由と言います。
公益財団の解散手続きについて知っておきましょう。

解散手続き

破産手続きの開始が決定されたときや、設立許可が取り消された場合を除き、公益財団が解散したときには一定期間内に登記をし、主務官庁に届出を出さなければなりません。
通常、清算人が届出義務者となり登記義務者となります。
また、解散理由や財産目録、定款や寄附行為に定める解散の手続きを経たことを証明する書類などを知事に提出しなければなりません。
破産手続き開始の決定がある場合は、破産手続開始の決定があったことを主務官庁に通知します。
設立許可が取り消しされた場合や解散命令があった場合は、主務官庁の嘱託により当該管轄の登記所に解散の登記をするなど、それぞれ手続きが異なるのです。
そして、公益財団の解散で最も気になるのはお金の行方ではないでしょうか。
公益財団が解散したときは残余財産の処分を必ず行います。
残余財産とは、債務の弁償が完了した後に残存した積極財産のことを言い、処分の方法は主に3つあります。
定款に残余財産についての定めがある場合はそれに沿って残余財産の分配をしますが、あらかじめ残余財産の定めをおくことは出来ません。
定款に残余財産についての定めがない場合は社員総会で決めます。
また、決まらない場合は国庫に帰属しますが、その帰属先は社員総会で決めることになっているため、社員総会で残余財産を社員に分配することを決議するというところまでは禁じられていないことを覚えておきましょう。

  

開業医が把握すべきクリニックの工事費用

医師がMS法人を設立するメリット

医療法人化による節税のポイント

医療法人と個人開業の税務上の違い

高齢化で増加している病院の継承開業

歯科医院開業の資金調達

内科病院の開業資金とポイント

開業医が医療法人化するメリット

診療科目ごとの開業医の年収ランキング

医療法人の一種「財団医療法人」のメリット

医療法人の一種「社団医療法人」のメリット

個人病院と医療法人の違い

年齢からみる医師のキャリアと開業のタイミング

開業医のメリットとは?~勤務医と開業医の違い~

医院開業でまず重要になる物件選びのポイント

産婦人科病院の開業資金とポイント

整形外科病院の開業資金とポイント

眼科病院の開業資金とポイント

耳鼻咽喉科病院の開業資金とポイント

皮膚科病院の開業資金とポイント

小児科病院の開業資金とポイント

心療内科病院の開業資金とポイント

形成外科病院の開業資金とポイント

美容外科の開業資金とポイント

消化器内科の開業資金とポイント

脳神経外科の開業資金とポイント

泌尿器科の開業資金とポイント

循環器科の開業資金とポイント

歯科医院開業の開業資金とポイント

性病科の開業資金とポイント

放射線科の開業資金とポイント

精神科の開業資金とポイント

呼吸器科の開業資金とポイント

胃腸科の開業資金とポイント

ペインクリニックの開業資金とポイント

人工透析科の開業資金とポイント

リウマチ科の開業資金とポイント

病院開業前の内装設計について

病院開業前の広告宣伝について

開業後の病診連携について

開業前の行政への届出について

病院開業のための不動産契約の注意点

開業時のスタッフ募集に関して

開業後の集患対策について

開業時の医療機器の選定と調達について

分院を開業する際の注意ポイント

病院を移転して開業する際の注意ポイント

病院開業前の資金調達について

肛門科の開業資金とポイント

矯正歯科の開業資金とポイント

開業時の人材教育について

口腔外科の開業資金とポイント

小児歯科の開業資金とポイント

麻酔科の開業資金とポイント

病院開業前の看板の設置場所について

病院のロゴや病院名について

甲状腺専門病院の開業資金とポイント

病院を開業するに当たっての立地について

糖尿病内科の開業資金とポイント

開業医に必要な知識とモチベーション

開業場所が経営にどれほど重要か

治療院として成功するための戦略

返済の必要がない助成金を活用し、開業初期を乗り切りましょう

医局をでるタイミング、施設が一番求める人材とは

自宅開業医のメリットとは

開業することのメリット、勤務医との違いとは何か

赤字経営にならない開業医と対策

開業医に合う人、合わない人

開業医としての人生設計と借金返済

損益分岐点を越えるのに必要なこと、短期間で到達する方法

クリニック開業する際の内装費などはどのくらいかかる?

開業医のビジネスモデルは主に2つ!

地域貢献のために地方で開業したい

女性医師が開業するススメ

開業医で成功するかしないかの分かれ道

開業医の年収は患者数が5人増えるだけで変わる

治療院のリピート率は開業前に決まっている!?

開業したら新規患者に気を付けよう

クリニックを開業する際に注意したい松竹梅論

一人治療院は受付を雇おう

治療院における最良のマーケティングは患者教育

クリニック開業する際の内装費などはどのくらいかかる?

開業医のビジネスモデルは主に2つ!

地域貢献のために地方で開業したい

女性医師が開業するススメ

開業医で成功するかしないかの分かれ道

開業医の年収は患者数が5人増えるだけで変わる

治療院のリピート率は開業前に決まっている!?

開業したら新規患者に気を付けよう

クリニックを開業する際に注意したい松竹梅論

一人治療院は受付を雇おう

治療院における最良のマーケティングは患者教育

公益財団法人とは

公益財団法人のメリットとは

公益財団法人のデメリットとは

公益財団認定基準の収支相償とは

公益財団認定基準の公益目的事業比率とは

公益財団認定基準の遊休財産額保有制限とは

一般財団法人と公益財団法人の違い

公益財団法人の税金について

公益財団を目指す場合の注意点

公益財団法人に認定される公益目的事業とは

公益財団法人の寄付金優遇税制とは

公益財団のみなし寄付金とは

公益財団の税額控除について

公益財団とNPO法人の違い

公益財団法人の解散

公益財団認定される23事業

公益財団の環境保全

公益財団と公益信託の違い

公益財団の前の特例民法法人とは

公益財団の新たな公益法人制度とは

公益財団で働くメリット

公益財団の資産運用

 

 

 

 

人を愛する行政書士のブログはこちら
人を愛する行政書士のブログはこちら
facebookページはこちら
facebookページはこちら