新公益法人制度とは

2008121日から公益法人改革三法が施行され明治以来続いていた公益法人制度が新しいものになりました。
これまでの公益法人は行政と強い結びつきに伴う、官僚の天下りや民業圧迫、血税である補助金の無駄遣いなど様々な問題がありました。

しかし、新公益法人制度によって、従来の主務官庁による要件の厳しい設立許可制度を廃止し、簡単な登記のみで法人が設立できるようになったのです。

また、般社団法人と一般財団法人という新しい法人形態が創設され、そのうち、公益目的事業を行う法人は、民間有識者などによる委員会の認定を受けることで、公益社団法人や公益財団法人となることが可能になりました。
公益法人改革三法とは、「一般社団法人及び一般財団法人に関する法律」「公益社団法人及び公益財団法人の認定等に関する法律」「上記の整備法」のことを指しています。

それぞれの特徴について

公益法人改革三法が公布され、2008121日に施行されたことで、旧社団法人や旧財団法人はこれらに基づく運営が求められ、新法の施行に伴い、民間法人法は廃止されています。
新公益法人制度では、一般社団法人と一般財団法人、公益社団法人と公益財団法人が設けられましたが、それぞれの特徴も知っておきましょう。
一般社団法人と一般財団法人では、「法律に基づき登記することで設立が可能」「これまでの監督官庁制が廃止され運営上の裁量が増す」「税制上の恩典がない」ということが挙げられます。
また、公益社団法人と公益財団法人の特徴は「一般社団法人及び一般財団法人に関する法律に加えて、公益社団法人及び、公益財団法人の認定等に関する法律の適用を受ける」ことにあります。

さらに、「公益認定等委員会により事業の公益性の認定を受けて初めて公益社団法人や公益財団法人となること」「認定を受けるためには委員会の定める公益目的事業の類型に合致してなければならない」「事業に使われる費用の合計が毎年度の費用全体の50%を超えてはならない」などです。
法人の設立要件と公益性の認定が切り離されることになりました。
新公益法人制度に移行するためには5年間の期間が認められ、移行しない場合は解散扱いとなります。

 

 

開業医が把握すべきクリニックの工事費用

医師がMS法人を設立するメリット

医療法人化による節税のポイント

医療法人と個人開業の税務上の違い

高齢化で増加している病院の継承開業

歯科医院開業の資金調達

内科病院の開業資金とポイント

開業医が医療法人化するメリット

診療科目ごとの開業医の年収ランキング

医療法人の一種「財団医療法人」のメリット

医療法人の一種「社団医療法人」のメリット

個人病院と医療法人の違い

年齢からみる医師のキャリアと開業のタイミング

開業医のメリットとは?~勤務医と開業医の違い~

医院開業でまず重要になる物件選びのポイント

産婦人科病院の開業資金とポイント

整形外科病院の開業資金とポイント

眼科病院の開業資金とポイント

耳鼻咽喉科病院の開業資金とポイント

皮膚科病院の開業資金とポイント

小児科病院の開業資金とポイント

心療内科病院の開業資金とポイント

形成外科病院の開業資金とポイント

美容外科の開業資金とポイント

消化器内科の開業資金とポイント

脳神経外科の開業資金とポイント

泌尿器科の開業資金とポイント

循環器科の開業資金とポイント

歯科医院開業の開業資金とポイント

性病科の開業資金とポイント

放射線科の開業資金とポイント

精神科の開業資金とポイント

呼吸器科の開業資金とポイント

胃腸科の開業資金とポイント

ペインクリニックの開業資金とポイント

人工透析科の開業資金とポイント

リウマチ科の開業資金とポイント

病院開業前の内装設計について

病院開業前の広告宣伝について

開業後の病診連携について

開業前の行政への届出について

病院開業のための不動産契約の注意点

開業時のスタッフ募集に関して

開業後の集患対策について

開業時の医療機器の選定と調達について

分院を開業する際の注意ポイント

病院を移転して開業する際の注意ポイント

病院開業前の資金調達について

肛門科の開業資金とポイント

矯正歯科の開業資金とポイント

開業時の人材教育について

口腔外科の開業資金とポイント

小児歯科の開業資金とポイント

麻酔科の開業資金とポイント

病院開業前の看板の設置場所について

病院のロゴや病院名について

甲状腺専門病院の開業資金とポイント

病院を開業するに当たっての立地について

糖尿病内科の開業資金とポイント

開業医に必要な知識とモチベーション

開業場所が経営にどれほど重要か

治療院として成功するための戦略

返済の必要がない助成金を活用し、開業初期を乗り切りましょう

医局をでるタイミング、施設が一番求める人材とは

自宅開業医のメリットとは

開業することのメリット、勤務医との違いとは何か

赤字経営にならない開業医と対策

開業医に合う人、合わない人

開業医としての人生設計と借金返済

損益分岐点を越えるのに必要なこと、短期間で到達する方法

クリニック開業する際の内装費などはどのくらいかかる?

開業医のビジネスモデルは主に2つ!

地域貢献のために地方で開業したい

女性医師が開業するススメ

開業医で成功するかしないかの分かれ道

開業医の年収は患者数が5人増えるだけで変わる

治療院のリピート率は開業前に決まっている!?

開業したら新規患者に気を付けよう

クリニックを開業する際に注意したい松竹梅論

一人治療院は受付を雇おう

治療院における最良のマーケティングは患者教育

クリニック開業する際の内装費などはどのくらいかかる?

開業医のビジネスモデルは主に2つ!

地域貢献のために地方で開業したい

女性医師が開業するススメ

開業医で成功するかしないかの分かれ道

開業医の年収は患者数が5人増えるだけで変わる

治療院のリピート率は開業前に決まっている!?

開業したら新規患者に気を付けよう

クリニックを開業する際に注意したい松竹梅論

一人治療院は受付を雇おう

治療院における最良のマーケティングは患者教育

公益財団法人とは

公益財団法人のメリットとは

公益財団法人のデメリットとは

公益財団認定基準の収支相償とは

公益財団認定基準の公益目的事業比率とは

公益財団認定基準の遊休財産額保有制限とは

一般財団法人と公益財団法人の違い

公益財団法人の税金について

公益財団を目指す場合の注意点

公益財団法人に認定される公益目的事業とは

公益財団法人の寄付金優遇税制とは

公益財団のみなし寄付金とは

公益財団の税額控除について

公益財団とNPO法人の違い

公益財団法人の解散

公益財団認定される23事業

公益財団の環境保全

公益財団と公益信託の違い

公益財団の前の特例民法法人とは

公益財団の新たな公益法人制度とは

公益財団で働くメリット

公益財団の資産運用

 

 

 

人を愛する行政書士のブログはこちら
人を愛する行政書士のブログはこちら
facebookページはこちら
facebookページはこちら