人工透析科の開業には高額な費用がかかる

昨今、人工透析を受ける患者さんは増加傾向にあるので、人工透析するクリニックや医師の需要も増えています。

そのため、人工透析科の開業も難しいとは言えませんが、人工透析科を開業するには、他の診療科よりも高額な開業費用が必要です。

人工透析の機器は高額で、それを何台もそろえなければなりません。

ベッド費用などもかかるため、費用の調達も予算をしっかり検討する必要があります。

人工透析科を開業したからといって、患者さんが自然と集まるわけではありません。

開業するポイントの一つが、エリアマーケティングです。

「エリア内に人工透析ができる医療機関がどれくらいあるのか?」「クリニックはあるのか?」といった、エリアマーケティングが重要になります。

エリアに泌尿器科や循環器内科などがあれば、そこで人工透析を行っていることも多いので、そういった点もマーケティングをする必要があるでしょう。

また、そのエリアに「患者さんの需要がどれくらいあるのか?」「ファミリーが多いのか?」「駐車場はどれくらい必要か?」などについてのマーケティングも重要です。

 

信頼できる人工透析科を目指す

マーケティングの結果、開業しようとするエリアに競合があっても、医師の信頼度やクリニックの通いやすさなどを研究することで、患者さんが増える見込みはあります。

もちろん、人工透析の最先端設備を整えることも特徴になりますが、そのためには莫大な費用がかかってしまうでしょう。

クリニック内の内装や雰囲気などに費用をかけることも大事ですが、医師の技術も重要です。

高い透析技術を持っている医師がいることで、患者さんが集まってくるでしょう。

透析を一度受けに来たからといって、ずっとその患者さんが来てくれるとは限りません。

信頼されなければ、他の医療機関に行ってしまうことも考えられます。

技術だけではなく、患者さんとのコミュニケーションをしっかり取れる、親身になって透析のことを考えてくれる医師、治療法を提案できる医師であることが重要です。

 

開業医が把握すべきクリニックの工事費用

医師がMS法人を設立するメリット

医療法人化による節税のポイント

医療法人と個人開業の税務上の違い

高齢化で増加している病院の継承開業

歯科医院開業の資金調達

内科病院の開業資金とポイント

開業医が医療法人化するメリット

診療科目ごとの開業医の年収ランキング

医療法人の一種「財団医療法人」のメリット

医療法人の一種「社団医療法人」のメリット

個人病院と医療法人の違い

年齢からみる医師のキャリアと開業のタイミング

開業医のメリットとは?~勤務医と開業医の違い~

医院開業でまず重要になる物件選びのポイント

産婦人科病院の開業資金とポイント

整形外科病院の開業資金とポイント

眼科病院の開業資金とポイント

耳鼻咽喉科病院の開業資金とポイント

皮膚科病院の開業資金とポイント

小児科病院の開業資金とポイント

心療内科病院の開業資金とポイント

形成外科病院の開業資金とポイント

美容外科の開業資金とポイント

消化器内科の開業資金とポイント

脳神経外科の開業資金とポイント

泌尿器科の開業資金とポイント

循環器科の開業資金とポイント

歯科医院開業の開業資金とポイント

性病科の開業資金とポイント

放射線科の開業資金とポイント

精神科の開業資金とポイント

呼吸器科の開業資金とポイント

胃腸科の開業資金とポイント

ペインクリニックの開業資金とポイント

人工透析科の開業資金とポイント

リウマチ科の開業資金とポイント

人を愛する行政書士のブログはこちら
人を愛する行政書士のブログはこちら
facebookページはこちら
facebookページはこちら