治療院にも受付が必要な理由

治療院では、受付を雇わずに診察から患者への対応、会計まですべての医者一人でやっているところが少なくありません。

治療院では来院患者の診療報酬から経費を引いた金額が利益となりますので、人を雇えばその分利益が減ってしまうことになります。

 

しかしながら長期的にみれば、一つの医院が安定して利益を出し続けるには、たとえ医師一人の小さなクリニックであっても、受付を雇い入れることが必要になります。

新規患者の獲得には、受付の力が必要

人が新しい病院を予約するときには大変勇気がいるものです。

たいていの場合は、電話などで予約をしますが、その時に患者を治療したりしているため対応できないと、何度も電話がかかってくることはありません。

新規患者がその治療院に行く気力がなくなってしまい、結局は別の病院などに行ってしまうことになります。

これは大きなビジネスチャンスを逃しています。

なかには、安定的な利益を出すことができないため、ある程度の利益が出てから受付を雇おうと思う人もいるかもしれませんが、実は、受付がいないことがビジネスチャンスの機会損失となってしまい、より利益が出ないという悪循環に陥っている場合もあります。

既存患者のためにも、受付の雇い入れは必要です。

開業医が何でも一人で対応している治療院では、来客が来た時に対応して治療を中断してしまうことがあり得ます。

新規患者の予約だけでなく、ビジネスの電話や取引先の納品に対応する必要があるからです。

そのため、治療中に患者を待たせてしまうことがあれば、患者は表面では一人しか医師がいないので仕方がないと思いつつも、今後その治療院を選ばない可能性もあります。

治療院の商圏となっている地域は比較的狭いので、せっかく来てくれるリピーターをきちんと治療しなければ、患者を他院に取られてしまいそれだけ利益が少なくなってしまいます。

一人ではビジネスチャンスを逃すだけではなく、利益が減ってしまう可能性もあるのです。

 

経費は掛かっても治療に専念できるように受付を雇い入れることは重要です。

開業医が把握すべきクリニックの工事費用

医師がMS法人を設立するメリット

医療法人化による節税のポイント

医療法人と個人開業の税務上の違い

高齢化で増加している病院の継承開業

歯科医院開業の資金調達

内科病院の開業資金とポイント

開業医が医療法人化するメリット

診療科目ごとの開業医の年収ランキング

医療法人の一種「財団医療法人」のメリット

医療法人の一種「社団医療法人」のメリット

個人病院と医療法人の違い

年齢からみる医師のキャリアと開業のタイミング

開業医のメリットとは?~勤務医と開業医の違い~

医院開業でまず重要になる物件選びのポイント

産婦人科病院の開業資金とポイント

整形外科病院の開業資金とポイント

眼科病院の開業資金とポイント

耳鼻咽喉科病院の開業資金とポイント

皮膚科病院の開業資金とポイント

小児科病院の開業資金とポイント

心療内科病院の開業資金とポイント

形成外科病院の開業資金とポイント

美容外科の開業資金とポイント

消化器内科の開業資金とポイント

脳神経外科の開業資金とポイント

泌尿器科の開業資金とポイント

循環器科の開業資金とポイント

歯科医院開業の開業資金とポイント

性病科の開業資金とポイント

放射線科の開業資金とポイント

精神科の開業資金とポイント

呼吸器科の開業資金とポイント

胃腸科の開業資金とポイント

ペインクリニックの開業資金とポイント

人工透析科の開業資金とポイント

リウマチ科の開業資金とポイント

病院開業前の内装設計について

病院開業前の広告宣伝について

開業後の病診連携について

開業前の行政への届出について

病院開業のための不動産契約の注意点

開業時のスタッフ募集に関して

開業後の集患対策について

開業時の医療機器の選定と調達について

分院を開業する際の注意ポイント

病院を移転して開業する際の注意ポイント

病院開業前の資金調達について

肛門科の開業資金とポイント

矯正歯科の開業資金とポイント

開業時の人材教育について

口腔外科の開業資金とポイント

小児歯科の開業資金とポイント

麻酔科の開業資金とポイント

病院開業前の看板の設置場所について

病院のロゴや病院名について

甲状腺専門病院の開業資金とポイント

病院を開業するに当たっての立地について

糖尿病内科の開業資金とポイント

開業医に必要な知識とモチベーション

開業場所が経営にどれほど重要か

治療院として成功するための戦略

返済の必要がない助成金を活用し、開業初期を乗り切りましょう

医局をでるタイミング、施設が一番求める人材とは

自宅開業医のメリットとは

開業することのメリット、勤務医との違いとは何か

赤字経営にならない開業医と対策

開業医に合う人、合わない人

開業医としての人生設計と借金返済

損益分岐点を越えるのに必要なこと、短期間で到達する方法

クリニック開業する際の内装費などはどのくらいかかる?

開業医のビジネスモデルは主に2つ!

地域貢献のために地方で開業したい

女性医師が開業するススメ

開業医で成功するかしないかの分かれ道

開業医の年収は患者数が5人増えるだけで変わる

治療院のリピート率は開業前に決まっている!?

開業したら新規患者に気を付けよう

クリニックを開業する際に注意したい松竹梅論

一人治療院は受付を雇おう

治療院における最良のマーケティングは患者教育

 

 

人を愛する行政書士のブログはこちら
人を愛する行政書士のブログはこちら
facebookページはこちら
facebookページはこちら