公益財団法人の活動の事例

公益財団法人にも様々な種類があり、活動内容もそれぞれ異なります。
公益財団法人の一覧を見たことがある人もいるのではないでしょうか。
これから公益財団法人の設立を検討している人は、公益財団法人の一覧から、それぞれどのような活動をしているのか確認しておきましょう。
公益財団法人の一つに、「アーツフランダース・ジャパン」という団体があります。
この公益財団法人は、世界に名だたるアーティストを多数輩出している文化的団体です。
写真展やコンサート、映画祭などの様々なイベントを開催し、フランダースと日本の文化交流の場として、創造的な出会いの機会を提供する活動を行っています。
拠点は大阪ですが、日本国内に活動の場を提供しており、普及活動や支援活動、情報発信をしている団体です。
さらに、フランダース政府リエゾンオフィスとして、日本におけるフランダースの公的外交機関としての役割も果たしています。

公益性のある活動の事例

合気会という公益財団法人もあります。
開祖の植芝盛平翁の創始した合気道の継承を支援し、合気道を通して心身の錬成と普及復興を図っている団体です。
体育の発展に寄与することを目的として活動をしています。
公益財団法人合気会は設立してから70余年の歴史があり、2004年には外務大臣表彰を受賞しています。
経済的により修学が困難な学生や留学生に対して奨学援助を行い、外国との友好親善や社会有用の人材を育成することを目的とした活動を行っているアイザワ記念育英財団という団体もあります。
具体的な活動は、日本人学生や外国人留学生に対して奨学金の給付を行うことや、奨学金を受ける学生の指導や相談に対する助言などです。
他にも様々な活動を行っている公益財団法人がありますが、不特定多数の者の利益の増進に寄与する活動を行わなければなりません。
公益性が求められる公益目的事業を主たる事業として実施する必要があるため、公益財団法人の設立前にもう一度、事業の目的を確認してみてはいかがでしょうか。
公益性がないと判断された場合は、公益財団法人として団体を設立することができません。
公益財団の活動の事例を挙げましたが、各団体で独自の活動をしている団体もあるので、興味のある方は他の事例も調べてみてはいかがでしょうか。