助成金申請から受給までの流れ

公益財団法人の助成金申請は、申請から受給するまでに、いくつかのステップがあります。
助成金申請の流れについて知っておきましょう。
それぞれの助成金によって、申請から受給するまでの流れが異なりますが、一般的な助成金申請の流れを知っておくことは大切です。
まずは、公益財団法人の助成金の公募を行います。
公募には1ヶ月ほどかかるのが一般的です。
次に、助成金の申請書を提出します。
申請書には1次審査の書類審査と2次審査の面接審査があり、全ての審査が終わるのに3ヶ月ほどかかるでしょう。
審査が終わると採択の決定となり、助成対象期間にかかった経費が助成金の経費となります。
次に、事業完了となります。
公益財団法人における助成事業の実施状況について、報告書類を作成し、提出しなければなりません。
最後に、助成金の交付となります。
申請から受給までの期間は1年6ヶ月ほどかかるため、余裕を持って申請の準備をしましょう。
公益財団法人における助成金の申請方法がわからない場合は、専門家に相談すると安心です。

助成金申請の注意点

助成金の申請には注意すべきポイントがあります。
一つは、公益財団法人として実施する事業の優先順位の確認と、実施内容を役員や従業員と事前に調整することです。
助成金申請後に、この事業をやらなければよかったと後悔しないようにしましょう。
現状と理想を考慮した事業計画を立てることも、大切なポイントです。
理想の状況から想定し、数ヶ月後にはこういう状況になってほしい、公益財団法人としての活動が対象としている人々のニーズに対応できるか、変化に対してどう対処するのか、どれくらいの費用をかけるかなどの事業計画を立てましょう。
助成金の申請書には漏れなく正確に記載しなければなりません。
最終仕上げは締め切りの1週間前に作成しておくことが理想的です。
必着か消印有効かも確認してください。
記載ミスや計算ミスは組織や事業に対する不安を生じさせるため、注意が必要です。